ハイキュー!! 17巻 才能とセンス  青城戦 感想

青城戦マッチポイントで、日向IN 月島サーブのターンにメンバーチェンジで菅原IN。最後の勝負、という場面から始まる17巻は、タイトルに”才能とセンス”と付いている。

表紙も青城メンバーだし、全体の分量としては青城戦の話は3分の1なんだけど、長い番外編も合わせると、この巻のメインは青葉城西高校ってことですね。

今回青城は、どんな相手にも安定して柔軟な対応ができる滑らかなチームに、一人の扱いにくいけどパワーと調和をあえて乱す要素を入れてきて、必勝白鳥沢体制を整えてきた。
で、今回の青城戦は、烏野は勝ったけど、終わってみれば、及川スゲー、で終始したような印象。

前回インターハイ予選の試合は、才能では及川に勝るし、烏野にきて一人では勝てないって気づくことはできたけど、セッターとしてはまだまだ一人でなんとかしようとする癖が抜け切らない影山が、試合を通してセッターとして急成長した展開だった。
影山はセッターとしての及川に、一生勝てないかもって言うくらいのコンプレックスを抱いてる。当の及川は、才能では影山にかなわないと自覚してるみたいだし、セッターとしても急成長する影山にいつかは抜かれるっていう予感もあるみたいだし、上にはウシワカって重しみたいのが乗っかてるし、結構ガチガチの状態にいるように思えるけど、この試合では、そんなことみんなどっかやって、勝つってことに全力集中してるようだった。

影山がツーを決めて、第3セット烏野のマッチポイントを迎えたところでとった青城のタイムアウト。土壇場での強気もセッターの資質、分けて欲しいという矢巾さんに、「才能開花のチャンスを掴むのは今日かもしれない。・・・無いと思ってたら多分一生無いんだ」という及川さん。その前のシーンでシルエットで出てくる人が誰なのか、いまだに謎なんだけど、とりあえずそのシルエットに言われたことが、及川さんに影響を与えたのだけは確からしい。
で、『才能は開花させるもの センスは磨くもの!!!』と、次の場面で超!ロングセットアップをあげる
諦めかけて、自分に蓋をしてしまっていた(多分)のを、自ら取っ払って、自分の進む方向を決めたような吹っ切れ感。中学の時に岩泉さんに頭突きされて吹っ切ったけど、高校入って、挑んでも挑んでもその度跳ね返されて、やっぱり諦め感は出てきてしまったんだろうなあ。でも、再度吹っ切った。


勝負には負けたけど、1勝1敗だ、チョーシにのんじゃねえぞ、ってこれから先も続くであろう影山との勝負に含みをもたせて終わる。
それは番外編につながっていきます。クソかわいい後輩、って一言が全てなんだなあと思います。