無関心、、

今日の東京新聞朝刊、『国際支援の現場から』という欄で扱われていたのは、国境なき医師団日本のコーディネーターの方の話だった。
5月までイエメン北部で活動していたという。

アラビア半島の先っぽにあるイエメンは内戦状態で国民の多くが食糧不足や、戦闘からの避難などで、危機的状況にあると言われてるけど、新聞紙上にその記事が載ることはあまりない。
同じアラビア半島でも付け根の方のシリアやイラクでのイスラム国との戦いは、毎日のように報道されるけど。

記事の中で、このコーディネーターも、『イエメンという国が存在していないような錯覚すら覚える。』と言っていた。『こうした無関心な現状が続けば、事態改善は難しい』とも。

世界から見捨てられてるような気がする、っていうイエメンからのツイッターを前に報道で読んだ気がする。

無関心って言葉を突きつけられると、なんかいろいろ考えてしまう。