こんな勝手が許されるんだろうか、とマジで思います。

13日に安保法案に関する衆院特別委員会で公聴会が行われた。与野党それぞれの推薦の公述人5人の発言要旨が、朝刊に載っていた。

与党推薦の同志社大学長の村田晃嗣氏の発言。
『政府が安保法案を提出する背景には、国際情勢の急速な変化がある。中国が経済的に急速に力をつけ、大きな経済力を軍事力や外交的影響力に転嫁しようとしている。政治が国際情勢をどう認識しているのかという議論が不足している。
今回の法案は憲法上の問題を含んでいるが、同時に安全保障上の問題だ。憲法学者の中には、法案について憲法違反の考えが多いと承っているが多くの安全保障専門家は法案に肯定的な回答をする。学者は(違憲論が多数の)憲法学者だけではない。』

国際情勢の急速な変化と、法律家の大半が憲法違反だとういうことは、全く別モンだと思うんだけど。
同列に並べて比べることができるものだとは思えない。

外交評論家の岡本行夫氏は、『法案の意義は外敵の武力攻撃から身を守りあう共同体に日本も参加することだ』。
日米安保条約じゃ不足とういうことなんだろうか。世界一の米軍と、安全保障条約を結んでるのにそれではダメなんだろうか。
基地用地だって提供してるし、思いやり予算とかいうやつだって、未だにあるみたいだし。

 

「審議時間も積み重なってきた」から、明日にも委員会採決か、と言われている。

 

戦争のできる国になるとか、アメリカの戦争に巻き込まれるとか、そんなことより(そんなことって言い切るのにはためらいはあるんだけど)何より、憲法学者の多く、歴代内閣法制局長官の多くが違憲だと言う法案を、砂川判決とか持ち出して、学者に国際情勢はわからない(ちょっとニュアンス違うかも)と切り捨てて、通そうとするそのことが、心底怖い。
憲法で権力者を縛れなかったら、いったい何が国民を守ってくれるんだろう。