税金を取る側は、即答!

新国立競技場の建設に関して、国は500億円を、東京都が負担するものとして話を進めてるらしい。
今日の東京新聞では、石原慎太郎東京都知事へのインタビュー記事が載ってた。

大会組織委員会の森元首相は、石原都知事時代から、都に負担を要請してきたと言ってるらしいけど、石原元都知事は、森氏とは、「費用の話は一体してない。」という。

なぜ500億円なのか、ってのは結局、特に根拠のある数字ってわけではなく、なんとなくって感じで出てきたらしい。
で、一旦出ちゃった数字はそのまんまなんとなく、今まで引き継がれてる?

でも、元の国立は壊しちゃったし、計画変更の時間もないし、今の都知事に500億出せと言っても簡単にはいかない、という。
じゃあ、どうすればいいかとの問いに、元都知事は、
「建設費が足りないなら都が新税をつくればいい。昼間の増加人口の450万人を対象に、それを抱えている組織や企業に時限立法として、オリンピックまで一人当たり月千円ずつ税金をかければ、年間600億円近くになる。」、、、