新国立競技場、異論なし、だそうです。有識者会議って一体なんなんだろう、、、

新国立競技場の建設で、事業主体の日本スポーツ振興センター有識者会議を開いた。
会議では、総工費2520億円、50年間の維持管理費1046億円(これも当初見込み656億円から400億円ほど増加)の、案が全会一致で了承された。と、今日の東京新聞の一面トップだった。
ラグビーW杯に間に合わせる為に、資材や人件費にコストがかかるという説明がされたそうだ。(ラグビー好きだから、こういうのでミソつくのはなんか嫌です)

当初予算を大きく上回り、工事の難しさなどいろいろ問題点が指摘されてる案なのに、全会一致で了承されたというのが、まず疑問だった。会議では、森喜朗東京五輪パラリンピック大会組織委員会会長や、日本オリンピッック委員会会長から、この案の表紙でIOCの多くの委員の賛同を得られた、とか、プレゼンで安倍首相がこの案で建設するといったことは重い、などという後押し発言が相次いだという。

2520億円っていうのは、この種の建物の建築費としてどうなの、って思うんだけど。(先日新聞に載ってた過去の五輪メインスタジアムの建造費と比べると桁が違う)
日本は地震国だし、耐震基準も厳しいし、単純に比較することもできないかもしれないけど、ひたすら国際基準を持ち出して普通の国になろうとしてるように見える今の政権だから、ここはやっぱ高すぎでしょ、って声がどっからか出てきてもいいような気がするんだけど。

森喜朗元首相は、長い国会議員生活の中で、日本国の予算90兆だの100兆だのっていう額の数字を扱ってきたのだろうから、そんな数字と比べれば、2520億円なんて、なんてことない数字なのかもしれない。そんなたかが2520億のために、総理の面子をつぶすのか、そんなの比較にならないだろう、って感じなのかな。

財源の目処も全額は立ってないような計画案。
建設後毎年実質20億円超の赤字の試算。
結局税金で負担するってことですよね。