イエメンの報道を読んで

国連がイエメンの人道危機レベルを、レベル3に上げたという報道が先日あった。他にレベル3の国は、イラク、シリア、南スーダンだそうだから、どれほどひどい状況なのか推して知るべしって、こういうときに使うのかな。


シーア派の一派であるフーシ派(反政府勢力と言われてるみたいだけど、その政府は亡命中)が、首都を制圧してから、国内で紛争が続いていたイエメンに、サウジ主導の湾岸諸国の連合軍(?)が、空爆を始めたのが3月。報道によると、サウジアラビアは当初から、結構簡単にカタがつくと思ってたふしがあるらしいけど、フーシ派と元大統領サレハ氏を支持する軍が手ごわくて、結局、市民の犠牲が増え るばかりという状況みたいだ。
もともとあったイエメンのアルカイーダという組織に加えて、より過激なイスラム国系の組織も、シーア派のフーシに対抗する形で勢力を伸ばしてるという。

アメリカは基地をジブチに移してのドローンで、ピンポイントにテロリストを狙った攻撃を続けているみたい。
火曜日には、フーシと反対勢力の衝突が激しくなったイエメン中央部の刑務所から1000人以上が脱獄したという。
この間、アメリカの刑務所から重罪犯2人が脱獄したのはすごいニュースになってたけど、こっちは1000人以上。イエメンの脱獄犯たちがどんな罪状で入れられてた人たちなのかはわからないけど、イエメンでは前にもアルカイーダの襲撃か何かで刑務所から大量に脱走してというニュースがあった覚えがある。


中東の国っていうと産油国で金持ちだらけの国っていうイメージがあるんだけど、イエメンは油田がないわけじゃないけど、経済政策がうまくいかなくて、中東の中では貧しい国だという。食料をはじめとして、輸入に頼る国だったのに、空爆以降、武器の流入を警戒しての海上封鎖が続けられ、現状はレベル3になるほどのひどい状況。
燃料がないからポンプが使えず上水が不足する。当然感染症も増える。けど病院には必需品が入らない。戦闘で市内に犠牲者や負傷者が出ても、救急車も動かせない。食料品もない。空爆があるから逃げろと警告されたとしても、車が動かない。


先月ジュネーブで開かれた停戦のための協議は結局失敗したけれど、ラマダンの間だけでも人道援助を実施するための停戦をという国連の努力が実を結んだのか、亡命政権側が一時的停戦を認めるかもというニュース。
フーシ派がどうなのかはわからないし、空爆も続いてるみたいだけど、もし一時的にでも停戦が合意されたら、デリケートな外交努力の小さいけど大きな一歩になると、報道されてた。