国の予算からすればたかが2520億円ってことなんだろうか

新国立競技場の総工費が、2520億円に見直された件の記事が、今日も東京新聞一面に載っていた。
完成が遅れそうでラグビーW杯に間に合わないかもとか、財源のアテがまだ1000億円以上たってないとか、問題がてんこ盛りのプロジェクトであることだけは確からしい。

記事の中で、取材を続けてきた記者の印象として、『これまでの取材を通じ、現計画に多くの問題があることは国側もわかっている、と感じる。』という一文があった。

たかがと言ってはいけないかもだけど、でも、たかが1箇所スポーツ施設を建てるかどうかっていう問題で、それすら走り出したら止まらない、誰も責任取りたくないよで、なんとなく進んでいってしまう。まだ、今なら見直しができるんだったら、見直すべきなんだろうと思うけど。

もう負けると、わかってるのにいつまでもダラダラと先延ばしして、その間に戦死者を大勢出してそれでも決められなかった。その時の国のトップの人たちと、どう違うんだろう?いや、違わない、ってなるよね。多分。
問題はあるし、財源はないけど、とりあえずなんとかなるだろうってのが、決められる政治ってことなんだろうか。

ギリシャと日本では借金の質が違うとはいえ、日本だってお金がないのには変わりない。
決める事ができる立場にいる人たち自身もおかしいと思ってる(らしい、記事によると)、財源のめどが立ってない計画を、それでも進めていくつもりでいるらしいことが、理解できない。