想像できないから、共感できない

昨日の安保法制に関する国会審議では、自民党の若手議員の勉強会での、出席者の発言がいろいろ話題になっていた。

作家の百田尚樹氏の沖縄に関する発言は、たとえどんな状況の中での発言にしろ、非難を浴びるのは当然だと思う。

安倍首相は自分で確認したわけじゃないとか、民間の人の発言とか、いろいろ言ってたけど、なんで、この人の言葉は心に響いてこないんだろう、って、いつも通りの感想しか湧かない。
勉強会の件への答弁だけでなく、その他の答弁でも、別にペーパー棒読みってわけじゃないのに、なんかスーッと通り過ぎていってしまう。

戦争って単語一つにしても、安倍首相がその言葉を発するとき、どんなイメージが首相の頭に中にあるのか、全く想像できない。
(人の頭の中なんてわかるわけないから、あくまで自分の想像なんだけど、それが想像できない)
自民党言論の自由を大事にしてるというけど、その時安倍首相の頭にある言論の自由って、どんなものなんだろう。