ハイキュー!!  第161話 刺激 感想

前回、何かを掴んだように見えた月島。

それがなんなのかよくわからないけど、月島と白鳥沢の白布は、似てるのかもしれない。でも、全然違うタイプのような気もする。どっちかな?

月島はインターハイの青城戦でも、2セット目がかかった場面で、きれいにセッターに返ったボールに対し、センターからの速攻が成功率が高いと読んでた。(結局このシーンでは、追い込まれた及川さんは岩泉さんにあげる、と読んだ影山に背中を引っ張られて、岩泉さんに飛んでブロックポイントあげたけど。)
白布さんも、考えてプレイするタイプなんだろう。
でも、月島が気づいたのは、それだけじゃなく、イラッとさせるポイント。


セッターとしての影山は、初登場時から、天才セッターという評判で、あの及川さんが、才能では叶わないと認めてる。
試合で当たった相手からの評価では、音駒の研磨からは、「天才1年セッター」
条善寺のエースは、「滅茶苦茶な攻撃してきやがるセッター」
和久南のセッターからは「肝据わってやが」ると言われた。
準決勝青城戦で、及川さんは、トビオの天才っぽいとこは技術とかより、バカなとこ、と評価してるけど。
影山自身はセッターとしてのプライドをかなり高く持ってるみたいだけど、それは他者からの評価によるものじゃない。

1セット目とってるから相対的には烏野より楽な状態からのツーアタックだけど、それでも、ここでという場面でのツーを決めるあたり、セッターとしてのプライドは内に秘めたものがある(多分)白布さん。冷静そうに見えて、結構負けず嫌いでかっかしてしまうとこもあるのかもしれない。
影山みたいなセッターは、コンプレックスをガンガンに刺激してくるんだろうなと思う。

日向は日向で、及川さん曰く、トビオの先を行くバカ。味方のはずの影山さえトスを持ってかれそうになるくらいの、最強の囮。
チョロチョロされるとストレスが溜まってくのかなあ。

今回のラストページで、ウォームアップエリアから、日向影山を、「盛大に暴れてよ」と見つめる月島は、相手の弱いところからついていく、って感じで、敵にしたら嫌だな。月島くん、主人公二人をを手駒にする気ですか?

今回は、試合の流れとはちょっとずれたとこに結構好きなコマとかシーンがあった感じ。
3枚ブロックからブロックアウトを取る田中さんのシーンは、その後の冴子さんのコマがいい。うまいって褒められて、冴子さんが、すごく嬉しそうだし、嶋田ストアの「んんまいっ』(んに濁点つけるのどう打てばいいかわからない・・・)は、ヤワラちゃんのおじいちゃんみたい。冴子さんは、ホントに弟が可愛くて仕方ないんだな。なんか、二人の小さい頃の様子まで想像できる気がして、(二人してお母さんに怒られて、泣いてる田中と手をつなぎながらベソをこらえてる冴子さん、みたいな)このコマ好き。
ツーやられると、ほとんど必ずやり返す影山くん。その後、「ホント ナイスだよ
王様」って、月島が影山を褒めるの初めて聞いたかも。
ブロック1、5枚にして田中がスパイク決めて、トスを褒められるんだけど、焦ってちょっと速かった、と、納得しない様子の影山。この子は、試合になると、冷静なんだか熱いんだか、ちょっとよくわからないとこがあって、そこがいいんだけど。

それにしても、トスが速かったって反省するとは。影山くん、入部してまだ1年にならないのに、ほんと、成長したね。感慨ですね。

25・26で、烏野が2セット目大手をかけたとこで白鳥沢のTO
あの口の悪い監督は何を言うんだろう?