ガラパゴスって名詞を使うのはちょっと気がひけるけど、ガラパゴス自衛権って言ってみたくて

昨日の衆議院憲法審査会で参考人の、憲法学者3人が、今審議中の安保法案は憲法違反かどうか問われて、3人とも「違憲だ」と断言した。と朝刊に載っていた。

何が違憲なのか。集団的自衛権の行使容認だ。

で、今日はそれを受けての法案審議。

民主党の辻元議員と中谷防衛相のやりとりの中で、中谷防衛相は、集団的自衛権というものについて徹底的に議論してきた、といい、閣議決定で認めた集団的自衛権は、国際法上定義される集団的自衛権とは違うものだ、といった。だから、違憲じゃない。
それって、集団的自衛権なの?

日本版集団的自衛権は、
⑴日本の存立が根底から覆される
⑵他に手段がない
⑶必要最低限の武力行使
この新3要件が満たされた上で、日本と密接な関係にある他国が攻撃された時、政権が総合的に判断して、行使するか行使しないか決める、ものらしい。
(存立の危機にあるのに、行使しない場合もあるってのがよくわからないんだけど、権利であって義務ではないみたい)


集団的自衛権って何?


憲法解釈変えて、集団的自衛権の行使を容認しました、って、閣議決定をしたのだと思ってたら、その集団的自衛権は、いわゆる集団的自衛権ではなく、日本版。

単純に疑問なんだけど、同盟国アメリカにもそういう説明(これはあくまで日本版ですよ、っていう説明)なんだろうか。それとも単に集団的自衛権の行使ができるようになります、っていう説明なんだろうか?

もし、普通の集団的自衛権が使えるようになりました、だとしたら、いざ本番で、さあ行使してね、って要請があった時、うちのは3要件があるから、今回は該当しませんとか言って、断るってことが結構あるってことなんだろうか?

法案審議を見ていると、質問者のほとんどが、こんなのわからない、国民の皆さんもわからないと思いますよ、っていう、ほぼ迷宮のぐるぐる周りの内容を、日本専門家以外の他国の人が理解できるんだろうか?

とりあえず今回安保法案を無理やり通したとして、いざという時、やっぱり使えませんってことになったら、抑止力が上がるどころか、下がってしまうってことにはならないんだろうか?

 

イソップ物語に、なんか似たような話があったなあと、検索してみたら、ありました。コウモリの話だ。鳥と獣の争いの中で、鳥についたり獣についたりするやつ。