ハイキュー!! 第156話 『GUESS・ MONSTER』  感想

天童さんって、黒尾さんをすっごく軽くしたような感じがするって、前回まで思ってたけど、今回読んで、黒尾さんていうより、梟谷の木兎さんを、ものすごくひねくれさせた感じかもと思い直した。

ゲスブロック。新しい単語が出てきた。ゲスはゲスの極み、ゲス野郎のゲスじゃなくて、guess、推測するという意味のゲス。システムとして現在完成形とも言えるリードブロックは、伊達工で出てきた。
天童さんのブロックは、セッターの発するあらゆる動きを読んで、トスが上がる前に直感で飛ぶ、『あくまで個人技頼みなブロック』(烏養さん解説)。
ゲスブロックって検索したら、世界標準を目指すなら決してやってはいけませんってでてきた。なんとなく天童さんぽくて笑えた。

前回ラストで日向がドシャット食らって、3対3になったところで、今回は獅音さんのサーブから。早速レシーブ乱されてラストは、影山くんに上がった。スパイクの前の影山くん表情が結構楽しそうな感じで、やっぱスパイク打つのって気持ちいいのかな?
何回か出てきた影山のスパイクシーンは、ライト位置からストレート狙いだったような記憶があるんだけど、今回ストレートしめられてクロスにいったところを叩き落された。ちゃんとコース狙ったように見えたけど、天童さんの腕がコースにぐわっと出てきた感じ。影山くんがスパイク決めると日向はいつもすごく悔しそうだけど、今回は「影山くんどんまい」って嬉しそう。及川さんが伊達工戦でスパイクを止められた時も、岩泉さんたち、スカッとしたとか言っていたけど、同じだね。

次は影山くんが視線フェイントを入れてのセットアップ。1年の五色くんはすっかり引っかかったけど、天童さんは引っかからない。日向も、ブロックにつかれたとこまでは見えて、反応しようとしたけどそっちのコースまで読まれて、ブロック連続3ポイントあげられた。菅原さんたちが、力が違うって感じの顔で、一言も出ないのが印象的。

一方の影山くんは、「自分がスパイク止められるより 自分のセットアップからのスパイク止められる方が百万倍腹が立つ」って、日向たちがギョッとするほどの怖い顔。
顔どうした?って聞かれて「どうもしないっス、、、」。って、影山くんこれバレー漫画だから。田中さんの「うそつけ」もなんか声小さい。
それでも、タイムアウト後には普通通りの怖い顔に戻ったところを見ると、やっぱ、相手は及川さんじゃないから、平常心ではいられるんだね。

どうやって対抗するのか、山口くんは、日向ばりの影山を想像して、月島に軽くあしらわれてたけど、それはそれで見てみたいかも。(初登場の時の印象から、がらっと変わったのが山口かもしれない。月島のおまけ的な感じでしかなかったのに。)

白鳥沢のセッターが、「視線・足・ハンドリング、、、。どんな動きでも天童さんに悟られたら御終いだよ。」というほど天童さんの読みは鋭いらしい。
フェイクは効かない。それに対して、影山は、完璧な美しいフォームという正攻法でセットアップする。スパイクが決まるまでどこにあげるのか全くわからなかった、って相手セッターに言われるほど。

なんて綺麗な負けず嫌い。

スパイク決めたのは日向だけど、相手チームのセリフに全部顔取られてた。でも、表情想像できるのが日向らしいかも。

モンスターウシワカに続いてゲス・モンスターまで登場。来週は誰の番かな?