アラビア半島のあっちの入り口とこっちの入り口でアメリカとイランの船が張り合ってる?みたいな

昨日の東京新聞一面は、『対米追従地球規模で』『防衛協力新指針安保法制で裏打ち』という見出し。
27日に、日米間で日米防衛協力指針(ガイドライン)の再改定に合意し、自民・公明党間では、安保法制に関する協議で主要条文に合意した。という内容だった。
安保法制の協議で合意と言ったって、法案さえまだ出されてない段階で、国内での議論が始まってさえいないのに、ガイドラインではもうアメリカとは約束しちゃいましたから、ってことらしい。


辺野古の移設についても、「現行計画を完了させるとの決意を改めて強調した」(岸田外相)そうだ。

28日には、日米防衛指針の要旨が載っていた。

これまでの自衛隊の役割と活動範囲の制限が一気に取っ払われる、日本の安全保障にとって、転換点的な(?)改定だから、国民的議論が必要だというけど、
こういうの誰が読むんだろう?
だいたい先に約束しちゃってから、国内はこれから議論ですとか言えるんだろうか?

地球規模で自衛隊が米軍の支援を実施できるようになった、画期的に素晴らしい改定みたいだけど、アメリカサイドから素晴らしいと言われれば言われるほど、不安な感覚になっていくのは、なんでだろう。