ハイキュー!! 155話 ”ラスボス”への道 感想

今のとこ、ラスボスへの道は遠いなあ、ってとこで今回は終わった。

日向のスパイクをレシーブしたウシワカは、力の差を見せつけるかのように日向のブロックをふっとばす。(日向の手、ほんと痛そう。影山くんとハイタッチしても痛そうなときあ るし、その割に突き指とかはしないんだ)

自分にしか興味なさそうなのに張り合うなんて珍しいと、天童に突っ込まれるウシワカ。
自分を倒して全国へ行くと言っていたと、日向の説明をするウシワカは、「だから気に入ったんだ?」と聞かれて、 根拠のない自信は嫌いだと言い切った。チームメイトはそんな彼に目を点にしてびっくりしてたから、ウシワカが誰か他人を意識するってことは、よほど稀なことなんだろうなあ。

日向は日向で、闘志満々むき出しにしてるし。

白鳥沢に勝つためには、最終的にはウシワカを攻略しなきゃいけないわけだけど、ウシワカを引っ張り出すとこまで行かないと、話にならない。そのためには、ひたすらガンガン攻め続けること、って、烏養さんは言う。本当に殴り合いの試合展開になるってことみたい。実際の試合だったら、玄人好みではなく素人にもわかりやすい試合になるってことかなあ。楽しそう。

伊達工のシステム化されたブロックは、県内最強だけど、白鳥沢は、『センスと経験にモノを言わせるちゃんとしてない強さ』がある。と言われた通り、天童が、日向の横っ飛び速攻にブロックポイントをあげる。
まず一人目の、障害登場。ウシワカに珍しく意識させる日向に興味を持ったのかな。やっぱ、天童さんって、黒尾を、すっごく軽くした感じがしてしまう。

さあ、これから影山くんはどうやってこのブロックを引っぺがしにかかるのか。及川さんていう重石がないこの試合、存分に打たせて打たせて打たせまくるシーンが見たいかな。