内戦って、どうやって終わらせるんだろう

アサド、反アサド、イスラム国と三つ巴状態のシリア。4年前の今日のシリアってどんなだったのか検索してみた。
シリア各地で反アサドの抗議運動が起きていて、治安部隊による攻撃で市民に死者が出てるって状況だったみたいだ。

シリアが内戦の危機にあると言われてた頃、アサド大統領ってどんな人なのかネットで検索してみた覚えがある。
カダフィ大佐とアサド大統領って、THE独裁者って感じで、名前だけは知ってたけど、現アサド大統領は、そのthe独裁者の息子で、当初は父親の後を継ぐ気は無くてイギリスで眼科医をやってたって、検索で初めて知った。
奥さんが美人で、仕方なく(?)大統領になった当初は、民主化にも理解があって、なんかいい方向に行く感じがしたけど、結局は独裁者の頃からの勢力に従ってしまったっていうイメージ。

なんでひどい内戦状態になってしまったのか、新聞記事でも追ってみようと思って、検索してみたら、あまりに多い記事の数に、検索結果の数を見ただけで、挫折。

戦争は始めるのは簡単だけど、終わらせるのは至難の技ってほんとそうだと思う。誰が敵で誰が味方だかわからなくなりそうな内戦は、それこそ終わりの見えない戦いのように見える。

1月22日か23日ころ、新聞の朝刊にのったイエメンの記事とその日の夕方にネットか何かで見た記事が全然違う内容で、イエメンってどうなってるんだろうと思って、それからなるべくイエメンの記事を拾うようにしてたけど、今やイエメンは中国やインドなどが、軍を使って自国民や外国人を避難させるような、内戦プラス外国軍による空爆で、混乱状態に陥ってる。

内戦の危機にあるって言われていて、国連の使者もなんとかしようとしてたみたいだけど、あっという間に内戦状態になってしまった感じ。

イエメンがどこにあるかすら1月のその記事まで知らなかったから、なんでこんな風になっちゃったんだろうって思う。