いつの間に原発再稼働が既定路線になってたんだろう

3.11東日本大震災の時に政権を担当していた民主党の、政権中枢にいた人たちは、心底怖い思いをしたんだろうと思う。あのとき、自民党が政権を担当していたら、今、原発を主要なベースロード電源として位置付けて、海外に積極的に売り込むなんてことをやっていたんだろうか。

2030年までに拡大する世界の原発市場は、約100兆円だという。
魅力的なんだろう。
安全基準を高めて、火山の噴火も予知して、もしかしたらこの先原発に何も起こらないかもしれない。
多分起こらないだろう。きっと起こらないだろう。

精力的に海外に原発を売り込んで、国内でも再稼動を進めようとしている、今の政権担当者たちは、ほんとに、この先、事故は起こらないし、仮に起きても、福島第一のような破滅的な事故にならずにコントロール可能な程度のもんだと、信じているんだろうか。

どんなに安全基準を高めて、安全対策をしても、人がやること。どこかで、ヒューマンエラーがあるかもしれない。
なんてこと、みじんも思うことはないんだろうか。

除染された汚染物質の最終処分場も決まってなくて、今も毎日のように汚染水漏れが報道されていて、再稼働したとして核のゴミの処分も最終的に決まってなくて、政権担当者として、この先を見て不安になることはないんだろうか。

見たくないものを見ないだけなんだろうか。

今、再稼動を進めている人たちは、本当にこの先の原発再稼働に、みじんも不安を持ってないのか、それとも単に不都合なことは考えないようにしてるだけなのか、福島第1の事故の再現があっても、そこだけ切り離せばいいし、一回経験してるから補償の問題もクリアできるだろうと計算済みなんだろうか。

本当のところどう思ってるのかとっても知りたい。