良い悪いはわからないけど、好き嫌いは別にして、ネタニヤフさんって強いなあと妙に感心させられる

大統領をはじめ、ホワイトハウスから散々、非難されてきたイスラエルのネタニヤフ首相の米議会でのスピーチだけど、直前になって、一応ケリー国務長官は、ネタニヤフの訪米をウェルカムするとか発言してるみたい。

イランとの核交渉がうまくいけばイスラエルの利益にもなるんじゃないの?って単純に思うんだけど、そんな単純なものじゃないんだろう、きっと。そのうち池上彰さんが解説してくれるのを待とう。

この間の徹夜でまとめたウクライナの停戦交渉の後、疲れ切ったドイツのメルケル首相の表情に比べて、晴れ晴れとした表情を見せていたプーチン大統領が印象的だった。

欲しいものはなんとしても手に入れるって決意が強い方が、結局勝つのかもしれないって気がする。

前の戦争の時に、なんで当時の人はもっとなんとか抵抗できなかったんだろうと、よく思っていたけど、あんな悲惨な結果が最初から分かっていれば、きっと違ったんだろうけど、タイムマシンで未来を覗くわけにはいかないし。なんだかよくわからないうちに、自衛隊の役割がどんどん拡大されていくような気がする今は、未来から見れば、本当は最後の踏ん張りどきなのかもしれない。

ネタニヤフさんともプーチンさんとも、安倍首相は、気が合いそう。