ハイキュー‼︎ 147話 感想

週刊少年ジャンプで連載中の”ハイキュー!!”。青葉城西戦に、今週号でついに決着がついた。烏野が勝つだろいうというのわかってたけど、ここ何号かは、次の回が待ちきれないほどで、次はどうなるんだろうと、ドキドキしながら月曜日

を待っていた。決着が早くついて欲しいと思う反面、もうちょっと青城戦を見ていたいという相反する思いの中で、今日ついに決着がついた。

チームとして勝つって言葉通り、この青葉城西戦では前回と違って、影山はチームの中に完全に溶け込んで戦っていた。6人で強い方が強いと言ってった及川さんの方が、セッターとしての見せ場と力をガンガン出していたような感じがした。特に先週のラスト、影山・日向のお株を奪うようなコート外からのロングトス。
才能が開くのは今日かもしれないし、もしかして開かないかもしれないと思いながらそれでも、開かないと思ったら絶対開かないって。見切りをつけてしまうより苦しい思いをするんだろうな。で、その分影山には複雑な思いを抱いてるんだろうけど、さらに一段吹っ切れて見える。

で、今回の決着編。
もう二度と謝らなきゃいけないようなトスは上げねえ、とインターハイ予選の敗北の後誓った影山が、最後に上げたトスは、セットアップモーションが読まれた?と思われるような、3枚ブロックにぴったりつかれるものだった。IH予選のラスト、ドシャットを食らった時の再現のように。

けど、最強の武器で来いって及川さんが言ってるのに(心の中だけど)そんなトスを影山があげるわけない。3枚ブロックの間を抜くようなドンピシャな位置へ、ドンピシャなトス。それを打つ日向も、初めての青葉城西戦の時のラストと同じように及川さんの顔まではっきりと捉えて、狙いを定めて打ち切った。

及川さんが弾いたボールが落ちた後の短い笛の後、勝利の声をあげる烏野の2、3年生とは対照的に、事態を飲み込めてないような表情の影山、日向。
歓喜の烏野メンバーたちと、背中を向けて立つ姿の青葉城西メンバー。よっしゃああっていう叫び以外は8ページ台詞なし。漫画ってすごいなあ。絵だけで、本当伝えちゃうんだ、ってしみじみ思った。
試合終了の笛で整列へ駆け出す他のメンバーと、ネットを挟んで向き合う影山と及川。
ここでまた来週?勝負の決着はついたのに、来週が待ちきれない。