ちょっと不安神経症気味、、、

米軍のアフガニスタンからの2016年末までの撤退スケジュールが、延長されるかもしれないという新聞記事の中で、「アメリカの空軍力にも関わらず、2014年はアフガ二スタン軍にとって、2001年のこの戦争の開始以来最悪の年だった。」という記述があった。2001年に始まった戦争。普通に特に注もなく、「2001年に始まった戦争」とあった。たしかに2001年9月11日はアメリカで同時多発テロがあって、その年にタリバン政権を攻撃して以来続いているアフガニスタンにおけるテロとの戦い、なんだと、、あらためて、感じ入ってしまった。

 

2001年生まれの下の子供は、今中学一年生で、この子が生まれてから今に至るまでの期間、アメリカはずっと戦争をしていたんだ。アメリカの大統領はこの間ずっと戦時の大統領であったわけだ。

 

自衛隊の海外派遣をいつでもどこでもできるように、与党協議が続いている。

 

世界各地で今現在紛争は起きていて、世界各地で商売するしかない日本人が巻き込まれた時、今のままじゃどうするんだ、世界中がテロとの戦いに突き進んでる時、まして日本人の人質も殺害されてるのに、日本だけ安全ならいいなんて、それこそ一国平和主義、そんなのが通るような状況ではない、海外に自衛隊が派遣できるようになったらすぐに日本が他国に攻め入るなんて、あるわけない、同胞の日本人を信じないのがサヨクの方々。
中国の軍事費拡大ペースわかってんのか

とりあえず思いつく限りの言い方を並べてみた。もっと他にもいろいろあるかもしれないけど。

 

別にサヨクってわけじゃないけど、っていうかサヨクっていうのがどいういうもんなのかよくわからないけど、自衛隊を海外に派遣できるようにしてすぐに、日中戦争!アゲイン!とは思わない。そんな方向に、今自分の周囲にいる人たちが賛成するとは思わない。
中東に行って自衛隊塹壕掘って、砂漠の向こうの敵に照準を合わせる写真を見る日がすぐにくるとは思わない。

 

けど、不安。
国会で野党議員の質問中に、ヤジを飛ばすような首相がいることが不安。株価も上がってるし、支持率も落ちてないみたいだし、ちょっとばかり傲慢になってもしようがない。ってそんなわけないと思うんだけど。
自分の国の、国会の中でさえ我慢できずに野次を飛ばしてしまうような、子供じみた反応をしてしまう首相が、もうずっと戦時中の世界の中で、いきなり地球儀を俯瞰した外交なんて、デビューをすることが不安。