読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらつら思ったこと

時事っぽいこと

積極的平和主義と、血の同盟の深化のために、米軍の後方支援を時限的でなく恒久的に行えるようにできるようにしていくと、報道されてる。

日本が負けた前の戦争で、兵站が重視されることはなかったという。兵站に関わる部署はエリート街道からは外れていて、机上の作戦を立てるエリートの方々には、補給の観念が全くないとは言わないけど、欠けていたらしい。日本軍の戦死者の過半数が、戦闘による死者ではなく、飢餓によるものだった。

後方支援がいかに大切か、安倍首相はよく学んだんだろうと思う。

今朝の東京新聞に『どんな事象でも因がある。その分析と議論を欠けば、同じ失敗を繰り返す。「イスラム国」はなぜ出来たのか。米軍の蛮行やシリアの独裁体制抜きには語れない。彼らには製造物責任がある』とあった。
もっともだと思う。日本と英米は違う。同じようにはできないんだから、違う道を行けばいいのにと思う。