ハイキュー‼︎ 142話 全然話の筋には関係ないつらつら感じたこと

今週の少年ジャンプ、ハイキュー!!が表紙で巻頭カラーを飾っている。ここのところ影の薄かった日向、影山が、主役は最後に登場ってのを予感させるラストだった。
気になったのが、最終ページの作者の言葉で、「最後まで頑張りますのでどうぞ
よろしく!」。
単に文字通りの意味なのかもしれないけど、”最後”なんて言葉使われると、最終回近いの?ってちょっと不安になってしまった。ファンは結構ナーバスですから。

日向、影山の上級生になった姿ってのが全く想像できないから、できればずっと続けてもらって、意外な二人の姿が見たい。

けど、春高県予選を勝ち抜いちゃったら、春高で終わりって感じがするし、予選勝ち抜けなかったら、まだ先がありそうで、でも、春高全国に行って、そこで負けたらそこからリベンジで続くかもしれないし。まあ考えてもしようがないんだけど。

もし春高全国大会に行けたとして、 「黒子のバスケ」はウィンターカップ優勝で終わったけど、ハイキュー!!の烏野高校は、優勝はないな。
実際の春高を見たのは今回初めてなんだけど、星城高校を破って全国に来て、なんかいい感じの勢いで準決勝まで行った愛工大名電みたいな展開になったら、一試合2巻だとして、26、7巻かな。