読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春高バレー 2日目 愛工大名電対鹿児島商業

スポーツ

春高バレー2日目

第2シードで優勝候補の1つでもあるらしい鹿児島商業対愛工大名電の試合を見た。

愛工大名電の監督は元Vリーガーで、ブロックで何度も表彰(?)された人だと解説者が言っていた。

1セット目は、愛工大名電がしょっぱなからブロックをバンバン決めてリード、先に20点台に乗せた。23対19くらいまで行った時、このまま愛工大の方がすんなりセット取るかと思ったら、鹿児島商が追いついて、24対24のデュース。そこから取りつ取られつの展開で、面白かったけど、両サイドの応援やベンチだったら、すっごく疲れたと思う。

結局最後は愛工大がブロックを決めて34対32で愛工大名電が競り勝った。
鹿児島商は途中正セッターが足を痛めて交代(元々痛めてたらしい)
このアクシデントで、今年磨いてきた高速バレーを見せることができなくなったらしい。
1セット目点差が詰められてきたところでとったタイムアウトの時、
控えセッターだから、怖くて速攻使ってない。時間差で逃げてる。速攻捨てて時間差をねらえ、また変化あったら指示出すから、というような指示を愛工大名電の監督が出した。その後すぐその指示通りに相手の時間差攻撃をブロックでシャット。すごい的確でわかりやすい指示だった。

2セット目は、愛工大名電の3枚ブロックはついてるけどなかなか決まらない。解説者によると、ブロックの間が若干割れてたらしい。でも、普通の高校生レベルでは、平行気味のトスにブロックつくことすらできないところをちゃんとついてきてるのがすごい、と解説者が言ってた。
結局2セット目も最後は愛工大名電がブロックを決めて25対21で試合を決めた。

愛工大名電の3番8番は、アイドルみたいな可愛い顔して、強気なブロックガンガン決めてかっこよかった。