読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はなんか嬉しかったんだけど、まとまりのないこと

時事っぽいこと

オバマ大統領の決断

半世紀以上続いてきたキューバとの国交断絶、経済制裁の政策を抜本的に転換する決断をオバマ大統領が発表した。

2008年大統領戦に出た時から、民主化政治犯の釈放などの条件を満たすなら、関係をノーマルにするためのステップを取るという公約はあったらしい。

キューバに行ったことがあるわけでもないし、キューバ人の知り合いがいるわけでもなんでもないけど、このニュースを聞いて、ああよかったね、と思った、素直に。

社会主義の小さな貧しい国とくくってしまうと比べたくなる国との、あまりにも異なるイメージがキューバにはあって、それはとても肯定的なイメージ。

とりあえず、ニューヨークタイムズのサイトに載ってた、フィデル・カストロチェ・ゲバラの白黒のツーショット写真がかっこよかった。