ディグ    日向のブロードにはディグで

インターハイ予選の青葉城西戦、日向・影山の神業ブロードへの対応として、及川が「ブロックつかずにディグで対応しよう」といった場面で出てきた”ディグ”という用語。作中の注では『スパイクをレシーブすること』とある。

体育バレー(それもリベロ制導入よりずっと前の)しか経験ないから、相手から返ってきた、またはサーブされたボールを拾うのは、全部”レシーブ”というものだと思っていたけど、用語としては適切ではないらしい。

サーブを受けるのはサーブレシーブ(レセプション)、『レセプション以外のボールを受ける動作は、スパイクカバーなどを含めてすべてディグ』(e-volleypedia)

この2つの用語、レシーブとディグについては、どっちにしろ相手側からこちら側に来たボールを受ける動作には変わりない、言い方の違いにすぎないのでは?とも思うんだけど、それほど単純なことでもないらしい。

1980年代にアメリカ男子ナショナルチームが取り入れた”分業システム”の中で、レフトがレセプションを専門に受け持つことで、負担の軽くなったセンターはブロック、ライトは前衛の時も後衛の時もとにかくアタックしまくる、というように役割が分業化された時、日本では、レセプションという言葉が浸透してなかったため、、いつの間にかレフトが担当するレセプション=レシーブ全般というように受け取られたそう。結果として、センター、ライトはレシーブ全般を免除される=苦手なことはやらなくていい、という妙な分業システムの解釈にバレー界がいってしまったらしい。(ここのところあっちこっち覗いてみたバレーボールについてのブログなどによると。)

あっちこっち覗いていて同時に目に付いたのが、世界標準とう単語で、これは現状のバレー界が(特に男子)それから外れてるという批判的な扱いで使われることが多いように見える。グローバル化って過渡期世代には難しいのかも。

でも、多分”ハイキュー!!”にも普通にディグという用語が出てきてるし、中学生のバレーボールの現場でもディグという用語は普通に使われてるようだし(ネットで、中学生 バレーボール ディグ などで検索して出てくる中学生用の指導サイトなどでは少なくても普通に使ってる)
”ハイキュー!!”のこたちの世代以下にバレー界が完全に交代しちゃったら、この種の誤解から世界の迷子みたいな状況になるってことは二度とないんじゃないかと思う。