読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第207話 準備 感想

先週潜くんの涙に思わず涙を誘われそうになったのに、大将さんとお別れするのがちょっと寂しい、と思ったはずなのに、ファンってのは現金なものだと、我ながら実感。 宮城に戻ってくれて、今週は素直に嬉しい。 大人たちは資金集めに奔走し、子供達はパンフ…

ハイキュー!! 第206話 報告 感想

個人的には今週は、潜くんの涙だけでもう他に何もいらない気分です。 戸美戦は最初から結果が見えてる試合だった。そういう試合は今までもあったし、そういう試合でも、伊達工を例にあげるまでもなく、相手チームのキャラクターはきちんと描かれていた。だか…

ハイキュー!! 第205話 ボールの”道” 感想

やっと終わったー!音駒の試合。長かった。 黒尾さんが注意しようかどうしようか迷って、のってるリエーフに水を差すのを避けて結局しなかったリエーフのブロックの悪い癖(?)。最後のブロックでようやくビシッと腕を止めて、後ろで待ってる芝山くんと連携…

ハイキュー!! 21巻 コンセプトの戦い 感想(5)

なんだか根気が続かなくて、だらだら書いてたら、21巻の感想に5日も費やしてしまった。 今まで、ハイキュー!!の中でいちばん面白くて何回も読み返したのは、インターハイ青城戦だった。なんといっても、チーム競技で仲間からの信頼を完全に失うというい…

ハイキュー!! 21巻 コンセプトの戦い 感想(4)

187話 『昼の月』 188話 『コンセプトの戦い』 日向の速攻が天童さんのドシャットを食らって、18・18のデュース。観客席の及川さんは、止められたことに感情的に反応することさえ超えて次の手を集中して考える、日向の静かな姿を気味が悪いと言い…

ハイキュー!! 第204話 バカでも解ったバレーボール 感想

今回は表紙だけで、満足です。1年5人のある日。 脊髄反射で動いてる、と山口に言われた日向・影山は常に先頭を歩いてる印象があるけど、この扉では1年の1番後ろを歩いてる。雲が茜がかってるから、帰り道?影山が肩にボールケースみたいなのかけてるし、…

ハイキュー!! 21巻 コンセプトの戦い 感想(3)

184話 『初めての感情』 14対15。スコアは白鳥沢のマッチポイント。牛島のスパイクを受けて小指を脱臼した月島が医務室から戻ってくるところから始まる。 月島初登場は、体育館を追い出された日向・影山がグラウンドの片隅で自主練をしてる時。やたら…

ハイキュー!! 21巻 コンセプトの戦い 感想(2)

21巻は、181話〜190話プラス番外編1話。 181話 『殴り合い第2ラウンド』は、復活した影山が、早速日向を使った速攻をしかけて成功した後から始まる。これで8対9。そこから1点は追加するけど瀬見さんにサービスエースも決められ、9対12と…

ハイキュー!! 21巻 コンセプトの戦い 感想(1)

17巻野途中から始まった白鳥沢戦も、ついに決着を迎えた。 試合開始前に、白鳥沢がどのようなチームなのか、烏養コーチの説明はあったけど、21巻では、白鳥沢の鷲匠監督、烏野の烏養元監督の口からもそれぞれのチームの形が語られる。実はこっそり、決勝…

ハイキュー!! 第203話 「風をつくる」&番外編 感想

台無し感がすごい、と研磨は言ったけど、自分はホッとしました。ギリギリ感のある山本さんより、こっちの山本さんの方がずっと、らしくていいです。 表紙のリエーフは、ウィーン少年合唱団みたいで綺麗だったけど、とりあえず起きるのは今回じゃなかった。い…

ハイキュー!! 第202話 音駒のエース 感想

東京予選続いてる間はジャンプ買わなくていいかなと思ってたら、ハンターハンターが再開したから絶対駄目と言われてしまった。 今週のクローズアップは、音駒のエース、山本さん。猫の守護神の途中退場で、蛇の煽りに反応することもできないほど、テンション…

ハイキュー!! 第201話 リエーフのブロックを見て思い出したこと。

月島のブロックは、黒尾さん仕込み(多分)のリードブロックで、それは月島のキャラクターにも合ってる。 チームの中で浮いてしまうことがわかっていても、自分が気持ちいいバレーにこだわって、ゲスブロックを続けてきた天童さんも、鷲匠監督が認めたように…

ハイキュー!!  研磨のモチベーション

烏野・白鳥沢戦が終わって、春高東京大会に移った。 準決勝の、フクロウ・ネコ戦では木兎さん凹ませ作戦が、赤葦さんの木兎コントロールの成功でうまくいかず、ネコの負け。3決では、どうやら似たようなタイプのチームらしい蛇との対決になった。 似たよう…

ハイキュー!! 第200話 パイセンの意地 感想

音駒3年の回想シーンから始まるハイキュー!!第200回。海さんご苦労様でした、としか言葉のかけようがありませんが、黒尾たちが一年の頃の音駒は、チームの目標が都大会ベスト8くらいのチームだったということはわかった。一時期落ちて最近は強いと思…

ハイキュー!! 第199話 「動揺」 感想

夜久さんの戦線離脱は守備先行の音駒に取って大変な痛手、じゃないのかな? ダイジョブなんじゃない、と研摩がいう根拠はどこにあるんだろう。相手チームのどこかに何か付け入る入り口でも見つけたのか、自チームの側に何か起爆になりそうなことを見つけたの…

ハイキュー!! 第198話 「理不尽」 感想

表紙は烏野スターティングメンバー。戦闘モードでこっちを見てるから、これから試合で、コートに入ろうとするところなのかなあ。旭さんの目がうつろにも見えるけど、相手は怖そうな人たちなのかな?なんか烏野メンバー久々な気がして、ちょっと嬉しい。 前を…

ハイキュー!! 第197話 蛇VS猫 感想

猫と蛇は、粘ってつないで相手の自滅を待つという意味で同じタイプのチームらしい。 フクロウ戦では、赤葦の活躍で、木兎自滅作戦は失敗したけど、この試合では、逆に蛇から攻撃を受けてるような立ち上がりだ。蛇の方は、審判を巻き込んでのより積極的な(?…

ハイキュー!! 第196話 「背水の陣」 感想

音駒のストレート負けは久々だというから、今回の木兎さんはよほど調子が良かったんだろう。「木兎くじき作戦」も途中まではうまくいったかに見えたんだけど、赤葦さんの手腕に拍手と猫又監督が言ってたから、仕方ないですね。 黒尾さんが言う、チームワーク…

ハイキュー!! 20巻 「こだわり」 感想(3)

感想(2)を読み返してみると、影山の「俺には無理です」に、読者である自分が一番こだわっているのかもしれないと思った。「こだわり」というタイトルの通りにこだわってしまったみたいだ。 そんなこだわりを捨ててみれば、4セット終わって、両チームとも…

ハイキュー!! 20巻 「こだわり」 感想(2)

178話「こだわり」、180話「こだわり・2」で、20巻のタイトルも「こだわり」。徹底して自分にこだわるプレースタイルに、チームとしての攻撃意志へのこだわりをぶつけた感じ。リベロの西谷さんが上げて、残り5人全員でシンクロ攻撃に入る。もちろ…

ハイキュー!! 20巻 こだわり 感想(1)

第172話「スタミナ勝負」から第180話「こだわり2」プラス番外編2話を収録。 表紙は、ネットの向こう側にいる天童さんのアップ。若干化け物じみてる気がするホラー系の顔だから、間違えて2度買いすることは多分ないと思う。よくやるんだけど。裏表紙…

ハイキュー!! 第195話 陸VS空 感想

クロスの打ち方忘れて、観客にまで、ふざけてんのと言われてしまった木兎さんのシーンから始まる今回。 赤葦さん、大丈夫。このセット落としても、次あるし立て直せるよ、と思ったら、これはまだ不調のうちには入らないレベルらしい。というより時間をかけて…

ハイキュー!! セッター比較(1)

白鳥沢戦が終わって、春高全国大会への出場を決めた烏野はしばらくお休み。東京大会の準決勝で、烏の宿敵(?)音駒と梟谷の試合の4話目が終わったところ。全国5本指のスパイカーの木兎さんの、37個目の弱点が明らかになったところで前回は終わった。 音…

ハイキュー!! 第194話 包囲網 感想

木兎さん、クロス忘れたって、、。赤葦さん。がんばれ!ファイト!! 37個目の弱点って、木兎さん、弱点多すぎだけど、大丈夫。あと2セットあるから、その中で、クロスの打ち方思い出せばOK。全国5本指ってことはその多すぎる弱点を補って余りある決定力…

ハイキュー!! 第193話 ”自称”エース 感想

黒尾さんのブロックが決まってネコがブレイク、16・18のスコアから始まる。 木兎さんのストレートを美味しく使わせてもらったから、これからはストレートを意識的にシめようと、研磨が言った。音駒はブロックも含めて研磨に考えることを任せるチームって…

ハイキュー!! 第192話 エンジン 感想

木兎さんも夜久さんもお互い絶好調のようで、木兎さんの乗ってる感じと、夜久さんがお目々ぱっちりに受ける感じがいいですね。 木兎さん、バレーやってる時だけかっこいいって、わかる。単行本巻末の『ド忘れ』番外編の木兎さんが”いつもの木兎”なんだろうな…

ハイキュー!! 第191話 ネコVSフクロウ  感想

今まで烏野目線で見ていたフクロウとネコの対戦は、連載中のスピンオフみたいで、これはこれでいいかも。 かなりうまいリベロだと評価はされてたけど、夜久さんの凄さは、今までそれほど具体的な描写がなかったと思う(練習試合で旭さんのスパイクを一発目か…

ハイキュー!! 第190話 「次の戦い」 感想

先週の烏野の勝利のシーンでは、よかったねとは思ったけど涙までは誘われなかった。けど、今回の白鳥沢の試合後の引き継ぎのシーンは、危なかった。牛島があまりに淡々と後輩たちに言葉をかけるから、びっくりする3年生と同じ反応になってしまった。自分の…

ハイキュー!! 第189話 宣戦布告・2  感想

試合終了の笛の音は、いつも突然だ。あと1点を追い求めるゲームと、時間の枠内での点の取り合いのゲームでは試合の終わり方が違う気がする。緊張の高まりの中で突然吹かれるゲームセットの笛。だから、日向と影山はいつも同じ表情をする。2人のこの表情はい…

ハイキュー!! 白鳥沢戦 感想(2)

バレーボールをやったことがないから、ハイキュー!!に出てくるバレーボール用語を、イマイチ理解仕切れないことがけっこうある。 ケーブルでちょっと見たリアルな春高では、選手たちがポジションをネットの近くに取ってる場面がけっこうがあって、あれがブ…

ハイキュー!! 白鳥沢戦 感想(1)

先週の回で白鳥沢戦が終わった。セットカウント3対2で、烏野が勝った。 今週はジャンプがお休みで、感想も何もないんだけど、白鳥沢戦の感想を。 白鳥沢については、試合が始まる前から、県内で最も未完成なチーム、足し算のチーム、経験したことのない力…

ハイキュー!! 第188話 コンセプトの戦い 感想

セットカウント 3−2 試合終了の笛 ラストボールは白鳥沢のコートに落ちた。 試合開始の笛が鳴ったのが第151話。長かったと言えば長かったような、そうでもないと言えばそうでもないような決勝戦にようやく決着がついた。 何度も出てきたことだけど、ウ…

ハイキュー!! 第187話 昼の月 感想

昼間の月は見えない。 月といえば月島なんだろうけど、ここでは、昼間の月は影山だ。存在が見えないから。 烏野はスパイカー全員ギリギリの状態で戦ってるみたいだ。スパイクを決めた田中さんは、着地でポールに掴まってよろけてるし、ブロックに飛ぼうとし…

ハイキュー!!  第186話  バレー馬鹿たち  感想

最後のローテーションの図 影山前衛のままになってるけど、影山はサーブしたから、前衛は大地さん・日向・田中後衛は、旭さん・西谷さん・影山になるのかな。烏養さんの言う”チャンスのローテ”はどんなローテなんだろう。次の白鳥沢のサーブは天童さんで、(…

ハイキュー!! 第185話 頑張れ俺の太腿  感想

セッターって、皆きついなあ、って感じた白布さんの一言だった。この人白鳥沢に一般で入るくらいだから頭いい人なんだろうけど、言葉は選ばない。それとも、ここで言葉選ぶほどの余裕がなかったのかな。 影山なら多分牛島にこんなこと質問しない。そんなこと…

ハイキュー!! 19巻 月の輪  感想

163話”月の輪”から171話”どいつもこいつも負けず嫌い”まで9話分プラス番外編1話を収録。 表紙は、ごみ捨て場で盾を手にまっすぐ前を見て立つ月島、見る方は月島に見下ろされてる感じがする。16巻の山口の表紙と対になるみたい。この月島もかっこい…

ハイキュー!! 第184話 はじめての感情 感想 

月島が帰ってきた。田中さんじゃないけど、この試合のヒーローのように。でも、まだ試合の決着はついてないから、本当のヒーローになれるかはこっから正念場。 白鳥沢のマッチポイント。影山くんは、ここでツーアタックを選択して、観客の方がドキドキしてし…

ハイキュー!! 第183話 欲しがった男  感想

今週号は土曜発売。でも土曜日に買っちゃうと次まで1日多く待たなきゃいけない。それは嫌だから、月曜日に買おうと思ってたんだけど、いつもは積み上げてるだけのスーパーのレジ横のラックに、今回なぜか表紙が見えるように並べてあった。 表紙かっこいい、…

ハイキュー!!単行本を読みかえして思った事

白鳥沢戦も佳境に入ってきた。考えてみれば白鳥沢は影山の第一志望だった。俺に尽くせないセッターはいらないと牛若には言われたし、自己主張の強すぎるセッターはいらないと監督にも評価されていたけど。 白鳥沢の監督は、高校3年間でできることなど限られ…

ハイキュー!!  第182話  おくることば  感想

日向のほとんどレシーブ的なブロックもどきを、「マグレで舞い上がってんじゃねえ」といった影山くん。コーチも監督も他の誰もが、あっけにとられていた中で、下手すればレシーブの邪魔になるだけの博打的なプレイだと釘を刺した。どこまでも冷静なんですね。…

ハイキュー!! 第181話 殴り合い第2ラウンド 感想

失点につながるミスは許されないと思ってたんだけど、失点とかミスとか、これっぽっちも考えていないようなプレイが続く。 同じチームで、多分コートの中ではお互いに見てるものが一緒で、はたから見たら息がぴったり合ってるようにしか見えない日向と影山だ…

ハイキュー!! 第180話 こだわり・2 感想

第5セットに入って、烏野の攻撃のテンポが変わってきたような気がする。畳み掛けるようにリベロのトスからのシンクロ全員攻撃をかけてくる。 「ここである程度の安全を選んだら 昔のままなんだよ」と、3度目の全員シンクロ攻撃。リベロのトスからの5人全…

ハイキュー!! 白鳥沢戦もいよいよ最終段階

リアルなゲームの再現をしてるわけではないけど、白鳥沢戦のスパイクとかブロックとか一コマづつ追ってったら、牛島のスパイク決定数がやっぱりダントツで、白鳥沢は牛島のチームなんだと改めて思った。 第1セット烏野は、16点あげていて、うち9点は描写…

ハイキュー!! 第179話 嫌な男 感想

前回は影山を探せ、だったけど、今回は月島がいない。でも、月島は医務室行ってるってわかってるから探さない。 ゲスのドシャットに心が折れなかったのは、さすがですね、菅原さん。でも、微妙な表情のようにも見える。これが単細胞の影山なら、言葉通りに受…

ハイキュー!! 第178話 こだわり 感想

ゲスブロックが許されるのは、白鳥沢ならではなんですね。多分。 今が気持ちのいい、俺が気持ちのいいブロックにこだわる天童さん。影山とは違うけど、でも中学時代までチームメイトとは、若干(?)距離感があったらしい天童さんは、個人技追求の足し算バレ…

ハイキュー!! 烏野メンバーをラグビーのポジションにつけてみた

五郎丸選手は、小学生の時サッカーをやっていて、憧れのヒーローは、カズ選手だったと、テレビのインタビューで言っていた。ボールの芯を捉えて、遠くまで飛ばす感覚はサッカー時代に体験した、と、別のインタビューで言ってた。 ラグビーW杯見てて、ラグビ…

ハイキュー!! 第177話 不快な壁 感想

白鳥沢戦では、ウシワカという怪物スパイカーの攻略が、烏野の最大の課題なんだろう と、思っていた。で、東京合宿の前に、日向・影山がウシワカに遭遇して、あなたを倒します宣言をしてから、2人とウシワカの関係には目がいってたけど、月島とウシワカとい…

ハイキュー!! 第176話 新鮮  感想

前回、西谷さんのトスからのシンクロ攻撃が決まった時、影山の時も使えばいいのにと思った。(菅原さんセッターの時に影山も参加するし、一人時間差も難なく練習なしで合わせられるし、影山なら、きっとできるだろう、と簡単に思ってた。)けど、そんな簡単…

ハイキュ−!! 18巻  幾望  感想

白鳥沢戦第1セット、ウシワカのパワーに圧倒されて8・17まで点差が開いたところで、ようやくあげたウシワカのサーブを、影山のフェイクからのセットアップで田中が決めたところから始まる。影山のサービスエースとか、ポツポツと烏野も点を取ったけど、…

ハイキュー!! 第175話 常に新しく 感想

W杯バレーボールが終わって、なんだか気が抜けてしまって、何もする気にならないのに、烏野・白鳥沢戦第5セットは、影山ベンチスタートで追い討ちをかけられた気分。 ベンチに下げられるのが何よりも嫌で(多分)、鼻血が出てても、「出てません」とか嘘を…