ハイキュー!! 第361話 ”頂きの景色”・2 感想(1)

刹那の10年。回想の鷲匠先生は白鳥沢のユニフォームを着てる。高校生だとして中高6年にその前を合わせての10年だろうか。高いところから全部見渡す、一番格好良いバレーを多分自分自身でやっていた10年。 小さくても飛べる・戦えるという自負心をたた…

足並み揃える意味がわからない

報道によると、16日、北朝鮮が7月25日以降で6度目となる「飛翔体」を2発を発射したという。韓国韓国軍によると、10日に発射した短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体の試射らしい。北朝鮮は10日の「飛翔体」については「新兵器」だと主張している…

日韓の問題をワイドショーで見て

韓国が日本を『ホワイト国』リストから外した件について、テレビのワイドショーで、結局困るのは韓国で、そうなれば国民の批判が文政権に向かうはず、というようなことを言うコメンテーターがいた。ここのところエスカレートが止まらない日韓の対立について…

憲法改正の誓い、、それ今ですか?

13日に父親の墓参りをした安倍首相は、「自民党立党以来の最大の課題である憲法について、国会において憲法の議論をいよいよ本格的に進めていくべき時を迎えている、ということを(墓前で)報告した」と述べたという。 「立党以来」というのは何時からなの…

内戦の中の内戦になるかも、の記事を読んで

昨日の東京新聞の国際面にイエメンの記事が珍しく大きな扱いで載っていたのでなんだろうと思ったら、反フーシで共闘していたイエメン暫定政権と南部独立派の勢力が内部抗争しているという記事だった。 記事によると、暫定政権が拠点にする南部アデンの大統領…

戦いの終わらせ方

ここのところ、最悪と言われる日韓関係。いつ以来の最悪なのか(国交正常化後?)よくわからないけど、報道されるところによると、とりあえず最悪らしい。 韓国も、今日、戦略物資の輸出に関連し、日本を手続き簡略化の優遇措置を受けられる対象国から外した…

夏に読む本

今日は8月9日長崎の原爆の日。 毎年広島、長崎の原爆の日の頃になると、読み返していた1冊の本。『広島第二県女二年西組』副題は「原爆で死んだ旧友たち」。著者は関千恵子さん。女学校二年の時に広島で被爆した著者が、原爆で亡くなった旧友一人一人の被…

 なんで官邸?

夕方のニュースを見ていたら、小泉進次郎議員が滝川クリステルさんとの結婚を発表したという。びっくり。菅官房長官、安倍内閣総理大臣に報告後、そのまま官邸で記者たちの質問を受ける形で、結婚を発表する映像が流れていた。 おめでたいことなんだけど、官…

日韓の対立 最大の問題

広島「原爆の日」。安倍首相は広島で記者会見。日韓関係について、記者からの、日韓の対立が激化する中、今後国連総会などの機会に文大統領と対話するつもりはあるか、という質問には直接は答えず、問題は韓国が約束を破ったことにあると語ったみたいだ。 首…

ハイキュー!! 第360話 教え 感想

考えてみれば月島はまだ1年生。烏野のブロックの要として、これまでウシワカはじめ強敵相手にも一歩も引かずに戦ってきて、チームに欠かせない存在になってたから、すっかり忘れてた。まだ大丈夫、と本人は言うけど体力的にはかなりギリギリみたいだ。 対す…

テロに屈しない、のは、実際難しいみたいだ

たった3日で中止にされた「表現の不自由展・その後」。これは、【国内の美術館やイベントで近年、撤去や公開中止となった作品を集めた】(東京新聞)企画展で、展示内容が報道された先月31日から抗議の電話が相次いだという。 報道によると【事務局にテロ…

盗人猛々しい発言の報道を見て

盗人猛々しい 韓国の文大統領が「盗人猛々しい」と日本を非難したというニュースをテレビで見た子供が、本当にこんな言い方したのかな、と言った。一国の大統領が公の場でこんな表現を使うものなのか?という疑問らしい。トランプ大統領の発言に慣れてしまっ…

使える核兵器の作戦、の記事を読んで

先月の終わりに、米軍がこの6月に、限定的な核兵器使用を想定した新指針をまとめていたという報道があった。米統合参謀本部が6月11日付でまとめた「核作戦」という文書がホームページで一旦は公開されたあと非公開にされたという。7月29日付の東京新…

煽るトランプ大統領の記事を読んで

差別主義者として単純に差別意識丸出しの発言を続けることと、大統領選に勝つという明確な目的のために手段として差別発言を続けることと、どちらが罪深いんだろう。 トランプ大統領が、29日ツイッターで、黒人運動の有力な指導者を批判したという記事が先…

短距離容認は大したことじゃないんだろうか

報道によると、25日早朝北朝鮮が発射した「飛翔体」について、日本の防衛相が、短距離弾道ミサイルだったと発表した翌々日の早朝に、北朝鮮はまたも2発の短距離弾道ミサイルを発射したみたいだ。 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は31日早朝に2回、…

ハイキュー!! 第359話 盾の中の矛、矛の中の盾 感想

今回は、星海光来活躍す、の回みたいだ。 レシーブにスパイクにセットアップに、日向が初めて見た星海の試合でも、彼は八面六臂の活躍(と実況が言ってたような)だったけど、今回のエピソードもまさにそれ。その活躍で、立ち上がりからシーソーしていた点差…

北朝鮮の飛翔体の報道を見て(2)

25日に北朝鮮が発射した「飛翔体」。韓国はその日の午後に「新型の短距離弾道ミサイル」だとする分析結果を発表。5月のミサイル発射については、日米は弾道ミサイルだと分析。でも韓国は、断定を避けてきたという。国連安保理決議では、北朝鮮に対し距離…

北朝鮮の飛翔体の報道を見て

25日(木)に北朝鮮が、日本海に向けて飛翔体(短距離ミサイルらしい)を2発発射した。5月の短距離弾道ミサイル発射以来で、5月のものより飛行距離が長かったみたいだ。8月予定の米韓合同軍事演習の中止を求める北朝鮮の揺さぶりの一種らしい。 報道に…

100人ハンスト、の記事を読んで

今日の東京新聞朝刊の記事は結構ショックだった。社会面の記事だ。【牛久入管 100人ハンスト】 東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されている外国人約100人が、ハンガーストライキをしているという。何が衝撃的だったかって、100人もの…

「無礼」って普段は使わないから、やっぱインパクトあるなあと思いました

先日、韓国大使を外務省に呼んで、徴用工問題で抗議をする河野外相の様子をテレビのニュースで見た。河野大臣は、「基金案」について話し出した大使を遮り、「知らない振りしをして改めて提案するのは極めて無礼」と強い調子で述べていた。両国の企業の負担…

過半数は棄権

有権者の半分以上が棄権した参院選が終わった。選挙後の特番を見ていたら、なんとなく自民党が勝利して、3分の2に届かなくても憲法改正路線はお墨付きを得たみたいな雰囲気。事前の獲得議席予想とか知らないけれど、9議席減らしてもこんな雰囲気ということ…

ハイキュー!! 第358話 カモメ 感想  

カモメの監督は、元セリエAのコーチで、V2リーグのチームをV1に押し上げたやり手。そうか。 鷗台については、ここ最近、ブロックを強化してメキメキ強くなってきたチームだと、試合の初めの頃だったか、前だったか、たしか説明があったと思うけど。この監督…

投票率は50%以下になりそう、らしい

6月29日、自民党の二階幹事長が【「選挙を一生懸命、頑張ってくれたところに予算をつける。休んでいるところは、予算は休ませてもらう」と述べた】という小さい記事を新聞で読んだ時、一瞬唖然としてしまった。結構な問題発言だと思ったんだけど。 今日の…

河野外相のツイッターブロックの記事を読んで

河野大臣のツイッターといえば、先日の電撃的な米朝首脳会談のまさにその日、「タローを探せ」というお遊びツイートをしていたと話題になったことが印象に残ってる。今朝の東京新聞によると、その河野大臣は、自身に批判的な投稿をした人たち(?)をツイッ…

イエメンの記事を読んで

報道によると、8日、UAEはイエメン駐留部隊の縮小を発表したという。縮小の規模は不明。匿名のUAE高官は、軍事第一から和平第一への戦略的な転換だと語ったみたいだ。軍事的な勝利は諦めたってことなんだろうか。 米国とイランの間の緊張の高まりを受けて、…

韓国向け半導体輸出規制強化関連の記事を読んで

このところよくテレビで対韓国の輸出規制強化の問題を解説してくれる元経産省官僚によれば、今回の措置は、政治的な問題とは全く別次元の問題で、徴用工の問題は、背景としてはあるかもしれないけど、管理を強化した理由ではないから、そこのところをきっち…

トランプ大統領のツイートの記事を読んで

トランプ大統領の人種差別的発言が批判を浴びているみたいだ。民主党の非白人女性下院議員4人に対する、酷いツイートだ。【「『進歩派』の民主党女性議員たちは、世界で最も腐りきった無能な国から来たのに、世界で最も偉大な米国の人々に、政府がどうある…

日韓の亀裂は誰得?

韓国向けの半導体素材への輸出規制の強化について、文大統領が15日、大統領府で開かれた会議で発言したことが報道された。 元徴用工の問題に関連しては、日本政府に対し「今からでも外交的解決の場に戻ることを望む」と述べ、対韓国輸出規制の強化について…

ハイキュー!! 第357話 導・2 感想

「導・1」は、音駒戦序盤のエピソード。ピンチサーバーに入った山口が、音駒の2番4番(海さんと虎)をけん制、選択肢が絞られたところで、月島がブロックで止めた、っていう展開だった。でも今回の「導」は山口というより日向だったのかもしれない。 今回…

英国のダロック駐米大使の本国への機密公電のリーク報道の記事を読んで

EU離脱を控えて、アメリカとの関係がこれまで以上に重要になる英国にとって、トランプ大統領の不興を買うのは当然避けたいところらしい。そのさなかのリーク。 報道によれば、リークされた公電は「トランプ政権が正常化するとは思わない。」「より予測不能に…