麻生大臣の報道と解散の報道を見て

財務省事務次官(元になるのかな?)によるセクハラ疑惑に対する麻生大臣の対応が批判されている。まあ確かに放送される麻生大臣の記者対応を見ると、あの態度、言葉遣いは、麻生節なんて呼び方をして、だからしようがないよと思えるレベルを超えている。あ…

完全、検証可能、不可逆的な核放棄の報道を見て

先日のNスペで、ウィリアム・ペリー元米国防長官が、北の核放棄について、以前より難しいとインタビューに答えていた。そもそも核兵器をいくつ持ってるか誰も知らないのだから、廃棄の検証はもはや不可能だという。 先進7カ国外相会合が共同声明を採択して…

ハイキュー!! 第299話 秩序と無秩序 感想

女子バレーに比べて男子でなかなかラリーが続かないのは、スパイクが段違いに速いからだという。高校レベルではまた話が違ってくるんだろうけど。ブロックでコースを絞って、スパイカーの動きや癖を計算してスパイクコースに回り込む。梟谷戦で夜久さんのデ…

知らないことは存在しない、はずがない

アフガニスタンで自爆テロ。選挙人登録の手続きを行っていた高校を狙ったISによる犯行で、少なくても女性や子供を含む30人以上が死亡したという。アラビア半島ではISとの戦いはもう終わりに近づいてるというけれど。アフガニスタンでISはどれほど勢力を伸…

対話のための対話があるなら、圧力のための圧力もあるのかも

南北首脳会談まで1週間を切って、南北首脳間にホットラインが引かれ、北朝鮮は核・ミサイル実験の停止と北部の核実験場の廃棄を発表した。 トランプ大統領は、完全な非核化実現までは北朝鮮に見返りを与えない方針だというけど、北朝鮮の方は非核化までの段…

新しい貿易協議の記事を読んで

日米首脳会談では、貿易の問題について新たな貿易協議の開始で合意したという。「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための日米協議」通称FFR。担当は、茂木経済再生相とライトハイザー米通商代表部代表。 これまで、貿易問題については、ペンス副大統領と麻…

 日米首脳会談の報道を見て

日米首脳会談が終わった。報道によると、米朝首脳会談で拉致問題を取り上げて欲しいという日本側のお願いを、トランプ大統領は聞き入れてくれたみたいだ。 トランプ大統領は、2016年の大統領選挙中、金正恩と話ができると言っていた。けれど、就任以来対…

対ロシアの追加制裁に関する記事を読んで

昨日の新聞に、【米 対ロ追加制裁へ】という記事が載っていた。15日(日)のテレビのインタビューで、ヘイリー国連大使が追加制裁について、16日にムニューシン財務長官が対ロ追加制裁を発表するだろうと語り、制裁対象については、アサド政権と化学兵器…

イラク日報の記事を読んで

今朝の東京新聞の一面は、発見されたイラク日報に関する記事で、3面の関連記事の見出しは、【「ない」日報 続々発見】。 防衛省、自衛隊の日報関係の最近の記事を読んでいて、ものすごく違和感を覚えるのは、日報ってのはそもそも「発見」されなきゃならな…

ハイキュー!! 第298話 導 感想

どんなスポーツでもそうなのかもしれないけど、メンタルの影響って大きいんだなあとつくづく感じた今回のエピソード。 月島と山口は小学校以来の友達だけど、烏野排球部・夏の東京合同合宿の前と後で、ふたりの関係性は大きく変化したと思う。 初登場時は、…

シリア攻撃の報道を読んで

報道によればシリアへの攻撃は、化学兵器関連施設3カ所へ100発以上のミサイルを撃ち込み、英仏も戦闘攻撃機を出撃した、英米仏によるものだったという。 昨年4月の2倍の規模の攻撃だったという。が、攻撃は今回で完了、1回限り。ただしアサド政権がま…

シリアへの攻撃の記事を読んで

今日の朝刊には、【シリア対応 判断先送り 米、慎重に証拠固め】と、12日のホワイトハウスでの国家安全保障会議ではシリアへの軍事攻撃の最終判断を下さなかったという記事が載っていた。14日(土)から現地調査に入る化学兵器禁止機関の動きやシリア・…

シリア攻撃の可能性についての記事を読んで

11日(水)の東京新聞朝刊に、【米、シリア攻撃を示唆】という見出しの記事が載っていた。先週のシリアの化学兵器使用疑惑に関して、トランプ大統領がホワイトハウスの会合で、「今夜か、非常に近いうちに決断を下す」と発言、報復攻撃を示唆したというも…

部下を信じる首相と対北外交の報道を見て

昨日の予算委員会で安倍首相は、加計学園問題に関して、首相から指示を受けたと発言した人は1人もいないし、国家戦略特区諮問会議で公正に議論されたと繰り返し主張した。首相はまた、柳瀬首相秘書官(当時)を信じるとも繰り返し答弁した。愛媛県職員の備忘…

トランプ大統領とシリア攻撃の報道を見て

7日(土)、シリアの首都ダマスカス近郊の東グーダ地区で化学兵器によるとみられる攻撃があり、少なくても49人が死亡したという。 トランプ大統領は、アサド大統領を「けだもの」と罵り、国連安保理では独立した調査機関設置案がロシアの拒否権行使で否決…

首相案件、他にもあるのかな

加計学園問題で、首相秘書官(当時)の柳瀬氏が「本件は首相案件」と発言したと記録された文書について、愛媛県の担当者が2015年4月に秘書官と面会した際の備忘録だと、愛媛県知事が確認した。 去年7月の国会で、柳瀬氏は愛媛県や今治市職員らと会った…

ハイキュー!! 第297話 師弟 感想

ネコの4枚シンクロを、月島はワンチ。カラスの5枚シンクロを、黒尾はドシャット。ブロッカーの師弟対決はとりあえず師の勝利ってことになるみたいだ。 烏野がファーストテンポのシンクロ攻撃をするのは、スパイカー1人ひとりがウシワカのような攻撃力を持…

北朝鮮、日本揺さぶりの記事を読んで

今日の東京新聞に【北朝鮮が今年に入り日本側に「日本人拉致問題は解決済み」とのメッセージを改めて伝えてきていることがわかった。】という記事が載っていた。 3月ごろに、北京の大使館ルートではない非公式のルートで伝えられたらしい。3月の初めにはト…

イラクの日報の報道を見て

なかったはずのイラク派遣部隊の日報がみつかったと報道されて数日のうちに、実は見つかったのは最近のことではなく1年近く前だったとか、陸上自衛隊のものとは別に航空自衛隊でもみつかったとか、毎日小出しにいろんな情報が出てくる。戦力の逐次投入じゃ…

規制改革推進会議だの国家戦略特区諮問会議だの、なんだか胡散臭い

放送法4条の撤廃などを検討する政府の放送制度改革について、自民党内部からも懸念の声が上がっているという。6日の東京新聞の記事によると、5日自民党各派閥会合で、石破元幹事長は【「慎重であるべきだ。党内や総務省内で議論されていない。誰が言った…

オスプレイと不平等条約

オスプレイが横田基地に配備されるという。もともと2017年後半の配備予定が、要員不足などで2019年10月以降に延期になったはずだったのに、突然前倒しされ、この夏に正式配備されることが、3日(火)発表された。 菅官房長官は「米国のアジア太平…

日銀総裁の建前と現実の記事を読んで

再任する日銀の黒田総裁は、多くのエコノミストが信じていないという「2019年度での物価2%への上昇」の達成を確信してるという発言を変えないらしい。大規模金融緩和を始めてから5年、2年で目標を達成するはずだったのにできず、目標達成を6回も延…

貿易戦争、、

報道によると、今月27日の南北首脳会談を前に、河野外相が来週にも訪韓し、日本人拉致問題に関して日本の立場を北朝鮮側に伝える文大統領に申し入れるのだという。安倍首相は、17〜20日に訪米しトランプ大統領と会談する予定。新聞記事によれば、北朝…

ハイキュー!! 第296話 同時進行 感想

音駒のファーストテンポのシンクロ攻撃は初めて見た。東京予選でも、本戦で描かれた試合でも披露の場面はなかったと思う。東京予選で対戦している梟谷の二人が驚いてるようだし、多分これが公式戦初披露なんだろうと思うけど、どうなんだろう。烏野は公式戦…

蚊帳の外感、、

平昌オリンピック以来、急展開してる北朝鮮情勢。テレビの街頭インタビューなどを見ていても、ワイドショーなどのコメンテーターの発言を聞いていても、なんとなく「日本だけ蚊帳の外感」が漂ってるような気がする。 今日は朝のテレビ番組で田中秀征さんが、…

麻生大臣の発言記事を読んで

麻生大臣の発言がまたもや話題になっているみたいだ。東京新聞の30日の朝刊記事によると、麻生大臣は、29日の参院の委員会で、【連日の新聞報道でTPPに関する報道が森友問題に比べて少ないことに言及し「日本の新聞のレベルはこんなもんだなって経済部の…

北朝鮮のいろんな首脳会談の報道を見て

トランプ大統領は(安倍首相も)、北朝鮮が対話の方向に向いたのは最大限の圧力と制裁の効果だと自画自賛したと報道された。 粛清あり、思想の矯正収容所あり、マンセーあり、おまけに神秘のベールに包まれたよくわからないけどなんとなく怖い国という北朝鮮…

中朝首脳会談の報道を見て

昨日の予算委員会で、中国の習近平主席と北朝鮮の金正恩委員長の会談について、安倍首相は、「拉致問題が置き去りにされるのではないか」という懸念があることを認めたという。米朝首脳会談では、アメリカが北朝鮮の核保有を認めたり、米本土に届く可能性の…

秘密の電撃訪問の報道を見て

今日の朝刊に、【訪中要人 正恩氏か】という記事が載っていた。26日(月)北朝鮮から列車で要人が訪中した件で、その要人は金正恩朝鮮労働党委員長の可能性が高いという内容だった。 昼のニュースで、記事の通りにその要人は正恩氏だと明らかにされた。習…

佐川さんの証人喚問 感想

佐川元国税庁長官の証人喚問があった。 決裁文書改ざんについて、結局、なぜ改ざんがあったのか、どこからか指示やそれに類することはあったのか、理財局以外どの程度まで改ざんに関わっていたのか、結局はまるで分からなかった。 最初の質問者、自民党の丸…