「ナルト」のサスケと「訪問者」のオスカー(2)

うちは一族皆殺し事件は、里に対してクーデターを起こすことを計画していたうちは一族を、ことを起こす前につぶしてしまおうという里の最上層部の決定で行われた政治的な出来事だけど、それを知っているのは里の最上層部数人と実際に手を下したうちはイタチ、その共犯者オビトだけだった。
表面上は、うちはイタチによる個人の犯罪だから、当然犯人であるイタチは里の法による裁きを受けなければならないはず(忍びの世界の裁きだから”法”の裁きとは異なるのかもしれない。そこのところは、本編を読んだ限りではうまく読み取れなかった)。
里の創設に重要な役割を果たしたうちは一族を全滅させた犯人は、本来なら特別隊でも編成して里の総力を挙げて追うべきなんだと思うけど、そこまでやってる様子はない。ビンゴブックに特Sとしては載ってるみたいだけど。
もともと里の命による任務だから、里としてもそこまでのことはさすがに出来なかったのかもしれない。(と書いたけど、そこまでのことをやってないという描写はなかったから、出来ないと断言はできないんだけど)

「ナルト」には、主人公のナルトをはじめ、親や仲間を殺されたという登場人物が結構たくさん出てくる。親に殺されかける子供も出てくるし、登場人物自体数が多いんだけど、結構それぞれ辛く重い過去を背負ってる人が多い。
同胞殺しを任務にしていたのも、イタチだけじゃない。

それでも里抜け後のイタチの人生がとりわけ過酷に感じられるのは、イタチが決して裁かれることがないままにおかれたからだと思う。イタチが、うちは一族ではなければ、一族とはなんの関係もない人間だったら、任務としての同胞殺しは非情なものだったろうけど、裁かれずにいることを重い荷、痛みとして感じることはなかった思う。

でも、イタチはうちは一族だ。一族の地で、一族の人々の中で育ってきた、一族の一員だ。その彼が一族殺しの任務を負わされた。
穢土転生した3代目が言ったようにイタチは「戦争を一人で食い止め、、、”暁”にスパイとして入り込んでまで里を守った」のだし、穢土転生したイタチ自身も「木ノ葉隠れうちはイタチとして、、もう一度忍里を守ることができる」と言っている。
一族殺しは、弟の命を助けることと引き換えにしたにせよ、絶対服従の命令でも脅しでもなく(とは言い切れない気もするけれど)、里を守るための究極の選択として自ら選んだことだ。
カブトとの戦いで、サスケは「兄さんにあんなことをさせた木ノ葉」と言ったけれど、自らが選択した任務という点から見ると、イタチにとってはうちは殺しは「あんなこと」ではなく「里を守るために遂行すべき任務」だったのだろうと思う。
それでも、うちは一族の中で育ってきた生身のイタチにとっては、「あんなこと」だったかもしれない。
両親を手にかける時に見せた涙と手の震えは、フガクの最後の言葉にあるような「本当に優しい子だ、、、」というイタチ本来の姿だったんだろう。


任務を遂行したうちはイタチではなく、一族を殺した一族の一員としてのイタチとして、親殺しをした子供であるうちはイタチとして、イタチは裁きを受けたかったのではないかと思う。

 

「ナルト」のサスケと「訪問者」のオスカー(1)

「オレは復讐者だ」というサスケのことを考えると、萩尾望都の「訪問者」のラスト近くのワンシーンを思い出す。
どこをどう探しても共通点は無さそうな2作品なんだけど、なぜか思い出してしまう。

「訪問者」は、萩尾望都の代表作の一つ「トーマの心臓」に登場するオスカーを主人公にした100ページほどの少女漫画。
妻を射殺したグスタフとその9歳の息子オスカーの1年半余りの逃亡記、と説明すると身も蓋も無いけど、ドイツを舞台にした、売れない写真家の父と9歳の息子のロードムービー(ムービーじゃ無いけど)のような作品だ。

グスタフさんは警察に追われて逃亡してるわけじゃない。作者があとがきに書いてるように、自分の良心に追われ追われて逃げ続けている。
オスカーは聡明な子供で、グスタフが自分の血の繋がった父親ではないことに気づいてるし、ママを殺したのがグスタフだということにも気づいている。グスタフさんもオスカーが気づいてることに気づいているはずなんだけど、二人ともお互い気づいていることを決して口に出さずに旅を続ける。口に出した途端に、この長い休暇のような旅が多分終わるだろうことを、二人とも心のどこかで感じてたみたいだ。

物語の序盤、旅に出る前、すでにとうの以前から壊れかけていた家庭の中で、時に居場所のなさを感じていたオスカーに、グスタフさんが話して聞かせたのが「雪の上を歩いて裁きを下しに人の家を訪れる神様」の話。神様は子供のいる家は決して訪れない。
物語の終盤、グスタフさんとオスカーの別れがやってくるクライマックスで、この神様の話が効果的に使われるんだけど、復讐者サスケのことを考えてる時に思い浮かぶのがそのシーンなんですね。

逃亡者であるグスタフにとって、裁きにやってくる神様は妻と同じ顔をした息子だったということをオスカーが知る場面。父親の愛情に常に不安を感じながら旅を続けてきたオスカーが、ずっとなりたかったものは、家の中の子供だった。家に子供がいれば神さまは裁きのためにその家を訪れることはない。なのに、グスタフにとってオスカーは家の中にいる子供ではなく、裁きに訪れる神様の方だった。


「ナルト」の物語で、サスケのうちは一族は、兄イタチに皆殺しにされる。作中にこの時のサスケの年齢を直接描いてる表現はないんだけど、サスケ9歳の頃の事件らしい。里の中でこの事件がどういう位置付けとされているのか、もう一つわからないんだけど、イタチ自体はビンゴブックに特S級犯罪者として載ってる「木ノ葉の歴史上まれにみる大悪人」とされてるみたいだから、国際手配になってる犯罪者としての扱いを受けていたことは確かなんだと思う。
ただ、木ノ葉の里が特別な班を編成して優先事項としてイタチを追わせているというような描写はなかったと思う。うちは殺しは、里の最上層部の姪による極秘任務だったから、表向き公式にはイタチ個人の犯罪として扱うことは当然のことだったんだろう。

とはいえ、穢土転生した3代目も認めたように、イタチには暁のことを探るスパイとしての役割も秘密裏に担わせていたわけだし、里、とりわけ3代目がうちは一族殺しの裁きを下すためにイタチを特別に追わせるというような行動に出たとは思えない。そしてそのことを里の人々が問題視しているような描写もされていない。

まあ里がどういう行動に出たとしても、サスケはそれにはかかわりなく、復讐者としてイタチを追うことにすべてをかけたんだろうけど。

 

トランプ政権のゴタゴタと横田基地の記事を読んで

トランプ政権の広報部長スカラムチ氏が更迭されたという報道を見て、ビックリした。ついこの間起用されたばかりだったし、トランプ大統領ばりのと言っていいのかどうかわからないけど、米紙ニューヨーカーで首席補佐官を「偏執狂」などと罵倒するなど、登場早々強烈な印象だったから、本当にびっくりして笑ってしまった。
報道によると、政権の重要なポスト575のうち議会の承認を受け埋まったポストはまだ50、この時期今までの例では半分は埋まってるはずだという。

スカラムチ氏更迭を伝える今日の東京新聞朝刊記事によると、ロシアゲートをめぐる政権内部からの情報漏えいを抑え統制したいという思惑が絡んだ政権内部の確執や相互不信が激化してるらしい。
記事では、ここのとこのホワイトハウスの人事の移動図が顔写真入りの相関図のような形で説明されていたけれど、パッと見はテレビドラマの登場人物紹介図みたいだ。

同じ東京新聞の「こちら特報部」では、横田基地の軍事拠点化が進んでいるという特集が組まれていた。日米の司令部が横田で直結し、ミサイル防衛の拠点として「共同統合運用調整所」が設置されてるという。
北朝鮮のミサイル実験が頻発する中、ミサイル防衛の報道もひところ盛んにされていたけれど、記事では、横田基地に詳しい弁護士の話として、ミサイル防衛は「むしろ米本土に飛んでいく北朝鮮や中国のミサイルを最前線で撃ち落とすシステムだ。」という声も紹介されていた。
ミサイル防衛は素人の皮膚感覚で捉えるような問題ではないということは承知してるけど、ミサイルのとてつもない速さと日本とアメリカと北朝鮮の距離を思うと、この弁護士さんの言うことはすんなり納得できてしまう。

 

ハイキュー!! 第264話 失恋 感想(2)

264話は、田中さんの「まっすぐさ」を、試合と恋愛エピソードで描いている、田中さんのためのお話。

あの田中さんに二つの恋話が降ってくる日が来ようとは、って感じもちょっとするけど、一途に思い続けることができる男の価値は年を重ねるごとに高くなっていくと思うから、「田中さんと恋話」という組み合わせはそれほど意外でもないのかもしれない。

縁下さんが言うように、田中さんの潔子さんへの想いは、叶歌ちゃんに対する「心に決めた人がいる」発言まで、ネタのようなものだと思ってた。
読者もそう思うくらいだから、潔子さんも半分くらいはそう思ってるのではないか。だとしたら縁下さんの「好き好きオーラを押さえろ」というアドバイスは的確なんだろうけど、田中さんには実行不可みたいだ。


田中さんは潔子さんに一目惚れしたんですね。人でも物でも一目惚れってしたことないから、この時の田中さんの衝撃度はよくわからないんだけど、即断でプロポーズしてしまうくらいだから、本当にもう”運命の女性”って感じだったんだろう。
そういえば、潔子さんに手を温めてもらった菅原さんも結婚のことを口走っていたことがあった。その時は、高校生と”結婚”の組み合わせが唐突だと思ったんだけど、田中さんも即”結婚”にいっちゃてる。ちょっと不思議な感じ。
どちらの場合も潔子さんはクールな反応。潔子さんが、田中さんのこともちゃんと見て理解してるというのはわかったけど、あくまで選手としての田中さんだからなあ。多分。田中さんの恋は、先行き厳しいのかなあ。

 

田中さんのもう一つの恋話の相手、叶歌ちゃんは、子供の頃からの真っ直ぐさがちっとも変わってないように見える田中さんのプレーを見て、失恋したかも、という結論に達したみたいだ。真っ直ぐな田中さんに「心に決めた人」がいるなら、それが片想いであったとしても、一途に正面からぶつかり続けるはずだと思ってしまったんだろうなあ。そんな田中さんだからこそ好きになったんだろうし、多分。でも、失恋したかも、と思っても、それで終わりってわけでもないと思うんだけど、どうなるだろう。

 

一途さが魅力ではあるけれど、でもやっぱ、ここで叶歌ちゃん逃すのはもったいないよ、田中さん。と思ってしまう。

ハイキュー!! 第264話 失恋 感想(1)

田中さんのいいところ。一途でまっすぐなとこ。

「できるまでやればできる。」理屈にもなってない根性論なのかもしれないけど、叶歌ちゃんをここまで支えてきた言葉なんだろうなあ。

田中さんにとっても同じだ。自分は平凡だという自覚は、自らに限界を設定することにも繋がりうるのだと思う。だから「できるまでやればできる」。できないことを見つめる日がいつか来るかもしれないけど、自分で限界を決めてしまったら、いつかではなくもうそこで終わりだ、多分。
田中さんは、子供の頃から変わらず真っ直ぐなんだろうな。

落ちたらあとは登るだけ、下を向いてる暇はない。田中さんの強気のコールに反応した影山くんの、勝負したるぜって感じの顔が印象的。田中さんがボールを呼ぶ前、影山くんはちらっと田中さんをみて様子を観察したみたいだったけど、何を思ってボールをあげたんだろう。田中さんの調子を上げるための計算もしてたのかもしれないけど、ここは田中さんの強気のメンタルを影山なりに感じて計算なしにラストボールを託したのだと思いたいかなぁ。影山は、伊達工線で「強さが心地よい」という表現で試合を楽しんでいたことがあったけど、この瞬間は、それとは違う種類の”強さ”をじかに感じて、セッターとして反応することをやっぱり楽しんでいる表情なんだと思う。
とはいえ、モノローグもないし影山くんが何考えてボールをあげたのか、本当のところはわからない。けど、月島はきっぱりしてる。

超インナーが決まった後のギャラリーの反応がいいな。特に冴子さん、本当に弟が可愛くて仕方ないんだろうなあ。

潔子さんの言葉、田中さんは聞いてなかったのは残念でした。1年と9ヶ月、潔子さんは田中さんのこともちゃんと見てきて、理解して信頼してるんだとわかる。

北朝鮮のICBMの報道を読んで

北朝鮮が28日(金)深夜、弾道ミサイルを発射した。高度約3700㎞に到達、約1000㎞飛行して北海道奥尻島沖の日本の排他的経済水域に落下したという。早速、大陸間弾道ミサイルICBM)と断定、垂直ではなく通常角度で打ち上げたとすれば、射程1万㎞超、アメリカシカゴにまで届く可能性があるという。
北朝鮮は、核弾頭爆発装置が数千度の高温条件でも正常に稼動したと、大気圏再突入時の高温テストに成功したことを強調したと報道されてる。けど、核弾頭の小型化と大気圏再突入に耐えうる技術に関しては、米韓の専門家は疑問符をつけてるみたいだ。

北朝鮮が核弾頭搭載ICBMのアメリカ本土到達能力を獲得する時期を、米国防情報局が2年以上短縮して2018年には獲得すると予測の見直しをしたと、米ワシントンポスト紙が報じたのが25日(火)だった。再評価には、7月4日の発射実験が影響を与えたらしいけど、4日の実験では、高度2802㎞飛行距離933メートル、通常の角度の打ち上げだったとすれば射程6700〜8000㎞だという。今回の実験は高度にして約900㎞高い。

今日の朝刊の記事によると(東京新聞)、米軍統合参謀本部議長と韓国軍合同参謀本部議長が電話で協議、『北朝鮮への軍事的な対抗措置の選択肢も話し合った。』という。軍事的な選択肢って、どんな内容なんだろう。

トランプ大統領は「無謀で危険な行為だ。自国の安全を確保し、同盟国を守るために必要なすべての措置を取る。」と強調し、
安倍首相も、「日米、日米韓の強い結束の下で国際社会と連携し、毅然として対応する」と述べたという。

THAADについて就任以来懐疑的態度だった韓国の文大統領は、その追加配備について早期運用に向けた協議開始を指示、韓国の弾道ミサイルの能力増強のための交渉も、アメリカに申し入れたという。


ニューヨークタイムズの記事によると、米韓は、これまで想定してきた限界点を北朝鮮が超えた、という認識は共通してるらしい。
記事にもあったけど、中国もロシアも核ミサイルを持っていて、その脅威とアメリカは長年共存してきた。北朝鮮が核ミサイルを近い将来持つことになったら、同じようになんとか共存することを学んでいくしかないのではないか、という意見もあるようだ。
けどこれまでの米大統領は皆、北の政権ほど予測不可能な政府と共存するリスクは負えないと言ってきたという。リスクが大きすぎるということみたいだ。それはわかる気がする。

共存はありえない、タイムリミットは迫る、となったら、トランプ大統領はどんな選択肢を取るんだろう。ここのとこ続けてホワイトハウス内の重要ポストの人事の入れ替えや、大統領による司法長官への口撃が報道されてるけど、北朝鮮や中国はそんなアメリカをどう見てるんだろう。


記事には、韓国の懸念も書かれていた。
北朝鮮がアメリカ本土に届く核ミサイルを建造したら、朝鮮半島で戦争が起きた場合、アメリカが韓国のために介入することにためらいを覚えないか、という懸念。北朝鮮の最近の実験は北東アジアの安全保障体制の根本の変化につながりかねない、と韓国大統領は述べたというけど、韓国の懸念は日本にも当てはまりそうな気がする。核の傘が破れるかもしれないということなんだろうか。それは北朝鮮から見れば、アメリカと同盟国を引き裂くことにつながるから、願ったり叶ったりらしい。

 

北朝鮮のミサイル開発のゴールが見えてきた(らしい)ときに、アメリカはトランプ大統領だ。

 

 

PKO部隊の日報問題の記事を読んで

昨日の夜、テレビを見ていたら速報で稲田朋美防衛大臣辞任の意向のテロップが流れた。今日の報道によると、かなり前から辞任の意思があったみたいだ。
とりあえず岸田外相が防衛相を兼務する形になるという。


南スーダンの首都ジュバで、大規模な戦闘がおきたのは、昨年の7月。その時の部隊の日報の問題に関する特別防衛監察の結果が公表された。
毎日新聞のサイトに載ってた結果・概要によると、7月19日付で最初に開示請求された時(この時の請求対象は7・6〜7・15にCRF司令部と南スーダン派遣部隊のやり取りした文書すべてだった)、日報は存在していたにもかかわらず、CRF副指令官が、「日報が該当文書から外れることが望ましいとの意図を持って指導し」開示しなかった。
このあとの10月の開示請求も、この時の不開示を踏まえて不開示とし、不開示としたことに合わせて日報の存在も消されたみたいだ。

このあと陸自内にデータとして残っていた日報の”隠蔽”に稲田前大臣が関与してたかどうかについては、記事を読んでもよくわからなかった。特別監査では、稲田前大臣が、陸自側から日報のデータ保管の報告受けた可能性は否定できないとしてるけど、稲田前大臣は陸自からの報告は受けてないと主張してる。ただ、稲田前大臣が保管の事実を非公表とする方針を了承した事実はないと、これに関してはそうした事実はなかったと結論してるみたいだ。

最初の7月の段階の非開示の決定について、なんで日報を外すのが望ましいとしたのかについてもよくわからない。
来週は閉会中審査があるみたいだから、この監察の結果を受けて、もう少しいろんなことが明らかになるんだろうか。