読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱ絶対って言葉はそう簡単に使っちゃいけないと思う

金正日の後を若い金正恩が継いだ時、国外で教育を受けてる若い世代であることから柔軟な姿勢に北朝鮮も変わっていくのではないかという期待の声も報道されてた覚えがある。
その金正恩体制になって5年、北は3回の核実験、50近くの弾道ミサイル実験を実施してきたという。政権内の大量粛清も伝えられてきた。柔軟とはほど遠い。

リスクは知らない間に高まっていたのかもしれないけど、今週に入ってからの報道を見てると、今にもアメリカとの衝突がありそうで、なんだかとても違和感を感じる。現状の分析と今後の事態の予測についていろんな見方が報道されてるけど、なんで突然(に感じる)こんな風になったのかよくわからないまま、いろんなこと言われても、ちょっと待ってよ、と言いたくなってしまう。

シリアへのミサイル攻撃は、オバマ政権で検討されたシリア攻撃の時のプラン(結局断念したけど)を、急遽引っ張り出してきて手直し(?)して、トランプ大統領に提案されたものだという記事があったけど、対北朝鮮はどうなんだろう。

アメリカは、アメリカ本土に届くミサイルが完成しないうちに核開発をやめさせるという自国の安全のための行動をとっていて、北朝鮮は体制維持のために核放棄をする気はない。
北朝鮮は、日本の国民を拉致して返さない国だし、核開発を勝手にやってるし、自国民に対する人権問題もあるし、控えめに言ってもめちゃくちゃ厄介な隣国であることは確かだと思う。
でも、今回について言えば、アメリカと北朝鮮の緊張状態に、日本は巻き込まれてるようにしか見えない。攻撃に出れば、日本は韓国とともに標的にされかねないという懸念をアメリカ側に既に伝えてると今日の朝刊にも載ってた。

一昨年、安保法制を閣議決定したことを説明する記者会見で、安倍首相は、日本を取り巻く安全保障環境が大きく変化する中、現実から目を背けていてはいけない、アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にありません、というようなことを言っていたと思う。

絶対に巻き込まれないはずだけど、対北政策は日米間の様々なレベルで緊密に意見交換してるというし、いろいろ報道されてる。
北朝鮮を日米両国で牽制する狙いで、カール・ビンソンの空母打撃団の朝鮮半島付近展開に合わせ、日本近海で空母打撃団と海上自衛隊との共同訓練の実施を検討。
北朝鮮への軍事行動に踏み切る際の事前協議を日本政府は米に要請し、米も応じる意向を示したという(これについては、12日午前の会見で菅官房長官が、そのような事実はないと否定したというロイターの記事があったけど、どっちなんだろう)
外務省は注意喚起情報(11日)を出し、菅官房長官は直ちに邦人の安全に影響ある状況ではないとの見解を出した。 韓国への滞在を「控える必要はない」という。

ロイターの記事によると、12日、中国の習近平国家主席とトランプ大統領が電話会談、中国は朝鮮半島の緊張について、平和的手段をもって解決されるべきとの認識を示したという。
結局、中国になんとかしてもらうしかないんだろうか。

 

予測不能vs予測不能

昨日今日とテレビを見ていたら、北朝鮮を巡る情勢がいつの間にか一触即発まであと1歩くらい?って感じになってるみたいで、びっくり。
4日に、シリアで化学兵器を使った空爆があり、7日アメリカがシリアにミサイル攻撃。同時に中国との会談で、北朝鮮について、中国の協力がなければアメリカは軍事行動もオプションに入れた単独行動も辞さないという構えを表明したのが週末前のことで、それが週が明けたらなんだか一気に戦争かってくらいになってて、あまりに早い展開に、まるでついていけない。

さらなる核実験の準備もしてるとみられる北朝鮮に対する圧力強化の一環として、シンガポールからオーストラリアに向かう予定だったアメリカの原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島近海へと進路変更したことから、緊張が高まることが予想されてるらしい。
15日は、故金日成主席の生誕105年で、25日は朝鮮人民軍創設85年と、北朝鮮にとって今月は重要日程が目白押しで、国威発揚も兼ねた挑発的行為に出る可能性もあるという。
突然に見えたシリアへのミサイル攻撃だって、政権内では何回もの会合を経て検討したものだといい、シリアと朝鮮半島では状況が異なるというけれど。

トランプ大統領は、就任前は北朝鮮との対話についても語っていたような記憶があるんだけど、就任して実際に北朝鮮の核・ミサイル開発が、かなり危険なレベルまで来てると認識し、考えを変えたのだとどこかの番組で言われていたような気がする。
トランプ大統領の態度の変遷があまりにもフレキシブルすぎるような感じがして、柔軟なのは本来いいことなんだと思うけど、無定見といえば印象が違ってくる。

韓国で軍が最大規模の訓練をする様子がニュースで流され、北朝鮮のテレビのアナウンサーは、相変わらず強気一辺倒でアメリカには負けない、と言っていた。
ネットのニュースでも、サイトによって温度差はあるけれど、トランプ対金正恩は予測不能対予測不能って感じがして怖い。

 

 

ハイキュー!! 第249話 喧騒と静寂 感想

日向、アホの証明の巻かな。

優勝候補との試合本番で、昨日見たばっかり(影山と一緒に練習は経験してたとはいえ)の星海さんのジャンプを試そうとする日向。
打つことを忘れたことには当然激怒の影山くんも、実戦でのチャレンジ自体は戸惑うこともなくごく自然に受け止めてるみたいだ。まあこの二人ならそうなんだろうな。
影山くんとしては、同時にやれるならOKってことみたいだけど、突然スパイカーの飛ぶ高さが変わったら、戸惑ったりしてもおかしくなさそうだけど、そうじゃないのが影山なんだろうなあ。

白鳥沢もそうだったけど、選手個々の能力もチームとしての地力も稲荷崎の方が格段に上なんだと思う。白鳥沢との試合の中で、月島がブロッカーとして目が覚めたような進歩を遂げたように、この試合でも、チームとしては無論の事、選手個々も一段の成長をしなければ勝利は見えないような気がする。おれら相手に実験、と宮治は言ったけど、打つのを忘れるのはともかくとして、冒険を恐れるようじゃきっと勝てないんだろうなぁ。打ち忘れるのはともかくとして。


バレーボールに限ったことではないけど、スポーツの大きな大会で試合を重ねるごとに驚くほど評価が上がっていくチームを見ることがある。大抵大会前は無名のチームだ。というより、大会前にはほとんど無名だからこそ、大物食いの勝利が驚きと新鮮さを持って、実際の力より高い評価になるという側面があるのかもしれない。周りの評価が上がっていくことでチーム自体のテンションも上がり、それがまた大きな勝利を呼び寄せるという好循環になるのかなぁ。この試合に勝てば、烏野も春高の台風の目になるかもしれない。


双子の幽体離脱プレーに視線をやる影山くん。何が気になるんだろう。攻撃力のあるセッターなら及川さんで経験済みだし、治のセットアップの方なのかな。

高校生の大会でも、相手チームのサーブの時に組織的ブーイングするってのが驚き。テニスのように完全な静寂を求めはしないけど(というより幾つものチームが同時進行で試合をする体育館では最初からそれは無理な話なんだろうけど)、こういうブーイングは嫌いだ。しょーもないプレイへの自発的ブーイングはともかく、応援の手順の中に当然のようにブーイングが組み込まれてるというのは、訓練されてようが何だろうが、気色悪い。たかが女子2人の黄色い声に”喧しブタ”とか睨みつける宮侑を見ちゃうと、相手チームへのブーイングは余計にムカつく。旭さんもこんなのにはさっさと慣れて、応援席すらびびるくらいのサービスエースを見せてください。それにしても、ブーイング自体は、中継席もスルーしてるし、烏養さんも、よく訓練されてる、と肯定的反応だし、バレーボールでは高校生の大会くらいでも普通のことなんだろうか。そう言えばオリンピックでも結構ロコツな応援があったような、、、。


サーブの時の”喧しブタ”の掛け声を嫌ったのは、音によって集中が乱されるからって理由だけじゃないような気がする。そもそも自校のブラスバンドが鳴り止んだとしても、体育館自体が静寂に包まれるわけでもないし。
宮侑の頭の中には、自分のコントロールの及ぶ範囲のようなものがイメージされてるのかもしれない。その範囲内で、自分のコントロールが効かないことは許せない。影山に対しては常に余裕の態度を見せてるけど、それはセッターとしての影山の能力が自分の想像の範囲内に収まってるからで、それを超えたら別の顔が現れるような、今のとこそんな印象を受ける。でもまだ試合は始まったばかりだし、高校NO1のプレーも、どういう人間なのかもこれからわかってくることなんだけど。

 

ユースのセッター候補2人の対決するこの試合、実況席からも注目されてるみたいだ。影山くんの技術の高さと時に予測のつかない攻撃に持っていくセンスは、本人も周りもよくわかってることなんだろうけど、この試合では、宮侑どころか影山くん自身が驚くような、自分でも気づかなかったセッターとしての能力が引き出されるといいなあと思う。

シリアへのアメリカのミサイル攻撃の報道を読んで(2)

報道によると、金曜日のアメリカ軍によるシリアの軍用飛行場へのミサイル攻撃は、アサド政権に再び化学兵器を使わせないようにするための一回限りの攻撃だったようだ。アサド退陣を狙う広範な軍事行動というわけではないという。

現地時間の金曜日早朝のアメリカのミサイル攻撃を受けて、7日午前には国連安保理の緊急会合が開かれた。

NHK NEWS WEBの記事によると、アメリカのミサイル攻撃について、イギリス、フランス、日本が支持や理解を表明したのに対し、中国や南米諸国などは攻撃の正統性を疑問視する意見を表明。攻撃に反対・懐疑的な意見も多く聞かれたという。安保理で調査や対応についての議論をしていた最中に突然行われたアメリカの攻撃。国際法との整合性からその正当性への疑問も呈されたという。
専門家の、この攻撃が、化学兵器の使用に対する懲罰の意味だとすればアサド政権への打撃は小さいという指摘も記事にあった。

なんとなく影が薄かった(ような気がする)ティラーソン国務長官にとって、このミサイル攻撃は影から抜け出るチャンスだというような記事もあり、改めてこの攻撃の様々な側面を感じた。この攻撃は、トランプ政権にとって国内政治として大きな意味のあるものなのかもしれない。今朝の辛坊さんの番組で、コメンテーターが、アメリカ大統領は危機をくぐって大統領らしくなる(表現はちゃんと覚えてないけど、意味的にはこんなような内容のことだと思う)というようなことを言っていた。確かにそういう面もあるんだろうなとも思ったけど、違和感が残る。シリアはアメリカにとって遠い戦場というのは当然のことなんだけど、なんだかとてつもなく理不尽なことのようにも感じてしまう。
結局トランプ政権は、シリア問題にこれからどう対処するんだろう。

 

アメリカによるシリアへの攻撃の報道を読んで

トランプ大統領はシリアの化学兵器使用に対して、軍事行動オプションの検討もしているという記事を朝読んだと思ったら、数時間後には、アメリカがシリアを攻撃したという記事になっていてびっくりした。

報道によると、アメリカ軍は6日(木)夜、シリアの空軍飛行場に巡航ミサイル59発を発射した。アメリカは、シリア国内でイスラム国の掃討作戦は実施してたけど、アサド政権への攻撃はしなかった。今回のミサイル攻撃がアサド政権への初めての攻撃になるという。
3月30日には米国務長官が、アサド大統領の地位はシリア国民が決めること、と発言、31日には、米大統領報道官がIS打倒が最優先、と発言。オバマ政権のアサド大統領の退陣を求めるという姿勢からの転換だと報道された。
そして4月4日の、シリアの化学兵器空爆サリンとみられる攻撃で苦しむ人たちの映像には、幼い子供の姿もあった。
5日には国連安保理の緊急会合が開かれたけど、化学兵器使用に対する非難決議は、ロシアの激しい反発により6日以降に採決先送り。
そして6日夜、アメリカがシリアに対してミサイル攻撃を実施した。


安倍首相は、アメリカによるこのミサイル攻撃について「化学兵器の拡散と使用は絶対に許さないとの米国政府の決意を日本政府は支持する。これ以上の事態の深刻化を防ぐための措置と理解している」と表明したと、時事通信7日15:41配信記事に載ってた。日本時間午前9時40分頃の攻撃に対して、首相官邸で15時半過ぎにコメントしたらしい。

7日夕方のブルームバーグ配信の記事によると、アサド政権の後ろ盾になってるロシアは、この空爆に対し、主権国家への侵略と非難し、シリア上空空域でのロシアと米国のホットラインによる、軍用機の偶発的衝突を避ける合意を停止すると発表。


アメリカの攻撃はどの程度の規模になるんだろう。
アサド政権を倒すことがゴールになるんだろうか。ロイター通信によると、一回きりの攻撃だというけど。
アサド政権を倒すことがゴールだとしたら、その後の展開はどうなるんだろう。
力の空白はイスラム過激派にうまいこと利用され混沌状態がさらに悪化するという。フセインイラクを攻撃した時、勝利宣言が出たのは早かったけど、今もイスラム国との戦いが続いてる。


今回の攻撃は、2013年のシリアの化学兵器使用時のオバマ政権の対応との違いを強調することにもなり、イランや北朝鮮など敵対する国への、トランプ大統領はやるときはやる、それも迅速にっていう態度を示すことにもなるという。北朝鮮へのメッセージとして、今回の迅速な攻撃は、日本に良い方向に働くんだろうか。北朝鮮が態度をより硬化してしまうということはないんだろうか。もう硬化しきってるのだから、今更硬化も何もない、ってことなのかもしれないけど。

石橋を叩いた挙句渡らないってのもどうなのかと思わないでもないけど、あまりに迅速な軍事攻撃の決断を見せられると、ただ単純に怖いと思う。

 

テロ関連

今日の朝刊に、ウォールストリート・ジャーナル紙電子版が4日、『トランプ政権が米国への入国審査の際、携帯電話の番号のほか、ツイッターフェイスブックといったソーシャルメディアのパスワード提出の義務化を検討している』と報じたという記事が載っていた。
『トランプ政権は査証(ビザ)の審査で、携帯電話の通話利益やソーシャルメディアの内容、思想の調査などの実施を検討。日本や英国など、短期の観光・商用の旅行でのビザ免除プログラムに参加する38カ国・地域に適用することもあり得るという。』
一体どんな事を調査するんだろう。特定の単語の登場回数とかでチェックしたりするんだろうか。ローンウルフと呼ばれる自爆テロ犯たちが残したSNSなどの記録の捜査から、共通する特徴みたいなものが分析できたんだろうか。そもそもこんなの、表現の自由の侵害なんじゃないの?と思うけど、本当に検討してるんだろうか。

日本の国会では、今日から共謀罪改めテロ等準備罪を新設する法案が審議入りした。一般の国民が罰せられることはない、というけれど、一般の国民というのは、どういう国民を指しているのかわからない。

ナルトからボルトへ  親になったサスケについて

週刊少年ジャンプで月1連載(たぶんそれくらいのペースだと思う)してる、BORUTO−ボルトー。15年にわたる長期連載だった”ナルト”の子供たちの世代の物語だ。
ナルト自体を読み始めたのは最近のことだけど、あのナルトたちが親になったのかという若干の感慨のようなものは感じる。

あのサスケも父となった。父親としては、もうちょっと子供のそばにいてあげる時間があればいいのにとは思うけど、そばにいればいいってものでもないのかもしれない。
師匠としてのサスケは、弟子を信じることも、戦いの中で弟子に仕事を任せることもできてるみたいで、そこんとこは感慨深い。

ナルトは火影になり、里はしばらくの平和を満喫してるみたいだけど、サスケは時空も超えての探査任務についているようで、里にはほとんどいないらしい。家族と共に過ごす平和で穏やかな日々は、サスケにとってはほとんどないように見える。世界の平和が脅かされそうな気配が漂ってきてるから、それどころではないのだろうけど。

ナルト本編を読んでいてもサスケは、対立する感情を抱かせられる存在だったけど、大人になったサスケについても、穏やかな日々を過ごせる日々がいつか来ればいいのに、と思う一方で、常に緊張感のある戦闘モードの日々の方がサスケにとっては幸せなのかもしれないとも思ってしまう。

親になれば親のありがたみがわかるというけど、これは本当にそう思う。自分が子の親になってみて、改めて親のあれこれを思うことも多い。
サスケも親となり、フガクさんとミコトさんのことを思うこともあるんだろうなあ。二人の最期を思い出すこともあると思う。それは、子供のサスケにとっても辛いことだったろうけど、親となったサスケにとっては、もしかしたらより辛いことかもしれない。自分が親になったことで、幼いサスケを残していく両親の思い、イタチへの愛すらもきっとより深く分かってしまうだろうから。
そういえば、サクラは”イタチの真実”を知っているんだろうか。