NARUTOーナルトー 61巻・62巻 感想(2)

復讐を果たして心身ともに衰弱した状態にあるサスケが、うちは一族皆殺しの真相を聞かされる。43巻でそのくだりを読んだ時、よくサスケは狂わずにいられたな、と思った。けどその後、案の定なのかどうかわからないけど、徐々に心のバランスを崩し、サスケの中の闇の部分が暴走していってしまった。

幼い日に一族を殺されて、復讐のためだけに生きてきたサスケ。第7班でできた繋がりも、復讐のために自ら断ち切った。イタチを殺す力を得るためなら、大蛇丸に自分の身が乗っ取られても構わないとまで言い切った(まあ結局弱った大蛇丸を逆にのっとってしまったけど)。幼かったあの日からずっと緊張状態の中で生きてきたんだと思う。それがやっと終わったと思ったら、世界がひっくり返るかのような真相を聞かされて、どうやらそれは真実らしいとくれば、綱渡りのバランスを崩して落っこちゃったようなものかもしれない。

サスケは何回か、イタチを犠牲にして何も知らずに笑っている木ノ葉の連中が憎い、というようなことを言ってるけど、サスケ自身もかつてはそっち側にいて、一度はそこで生きいこうとさえ思ったことがある。木ノ葉潰しはかつての何も知らない自分殺しでもあるのだと思う、サスケはそんなこと微塵も思ってないだろうけど。

五影会談に侵入したあたりから、加速度をつけて堕ちていくような感じのサスケはどんどん理解の範疇を超えて行ってしまった。言動は乱暴だし目はいっちゃてるし(カリンを刺す時の目は極めつきかもしれない)とんでもない存在になりつつあるのに、それでも痛々しくも感じられて、なんとも複雑な心境だった。
ナルトは俺に全てぶつけろと言ったけど、一体このままいったらサスケはどうなってしまうんだろう、と個人的には不安感がピークに達したところで、穢土転生のイタチに遭遇。

61巻では、二人タッグを組んで、穢土転生の術者であるカブトと戦う。
イタチに遭遇した時のサスケの物言いは、相変わらず強気で自分の目線からしか見てない。それでも迷子がやっと見つけたお兄ちゃんに今度こそ置いてかれまいと必死に食らいついていくようにも見えてしまう。(ファンのひいき目線だとはわかってるけど)。

穢土転生という術自体は、死を弄んでいるような気がして(ということは生も弄んでることになるのだと思う)気にくわない。けど、この時のイタチに限っては、ここでサスケと会う機会が持てたことを、カブトに感謝したいとさえ思ってしまう。
サスケに会って「オレは本来死人だ・・・これ以上は語るまい」と言ったイタチはさすがに思慮の人だけど、サスケは駄々っ子並みに聞かない。

NARUTOーナルトー 61巻・62巻 感想(1)

扉裏の作者の言葉にもある通り、61巻・62巻で、イタチとサスケのうちは兄弟の物語が完結する。

61巻は、12話中2話にマダラ対五影の戦いが挟まれるほかは、イタチ・サスケ対カブトの戦いが描かれている。62巻は、作者の言う通り、サスケとイタチの話の決着する巻。

この2巻は、サスケのその後の生き方を変えたとも言える(多分)イタチとのエピソードが描かれる巻でもあるし、戦争の展開にも影響を及ぼす人物たちの登場につながるエピソードが描かれた巻でもあるし、物語の終盤の幕開けのような巻でもある。そして長かった、うちは兄弟の物語が決着する巻でもある。

でもそんな諸々のことより何より、この2巻に描かれたエピソードはまるでイタチとサスケへのご褒美のようだ、と思った。

木の葉隠れの里とサスケを守るため、ぎりぎりの選択として、自らの一族をその手にかけざるをえなかったイタチ。せめて愛する弟には、自らの真実の姿を知って欲しいと思うのが自然な情ではないかと思うけど、イタチにはそれすら叶わぬ願いだった。忍びの宿命でもあるのだろうけど、本当文字通り滅私奉公だ。

命をかけても惜しくはないほど愛を注げる対象が、その短い人生の中に存在したのだと思えば、イタチはその限りにおいては幸せだったんだろうと思う。たとえ自分の思いがその相手に届かぬものだとわかっていたとしてもだ。イタチは最後笑って死んでいったけど、あれは心からの笑顔だったと思う。
とは思いつつも、矛盾するかもしれないけど、イタチの人生は哀しすぎるとも思う。忍びとして天与の才に恵まれて、思慮深く、洞察力に富み、愛情も深いイタチ。うちはのクーデター計画なんてものがなく、そのまま木の葉の忍として生きていければ、それこそうちは一族初の火影にだってなれたんじゃないかと思う。なのに、希望に満ちていたはずの将来に代えて、同族殺しを命ぜられてしまった。無理な願いとわかっているけど、イタチの人生、やり直せるものならやり直させてあげてたいと本当思う。

一方弟のサスケ。わずか7歳かそこらの時に、自分以外、父と母、一族もろとも殺され一人残されるという境遇で育った。朝、行ってきますと家を出て、いつもと同じ1日のはずが、帰ってみたら、道には死体が転がってるし、家では父母が兄の手で殺されていた。
そこからサスケの孤独が始まる。サスケは、兄に言われた通りに(という言い方はなんだかおかしな気もするけれど、サスケに対して復讐というレールをしいたのはイタチで、そのイタチの言った通りにサスケが動いたのは確か)、兄への復讐を果たすため、ひたすら修行に励み強くなろうと努力をした。もともと賢い子のようだし、最終的にイタチを倒すまでに(イタチ自身病で弱っていたにせよ)成長した。けど、サスケの心は一部、7歳のあの日に時を止めてしまったんじゃないかと思う。
サスケの言動を見ていて、時々、とても子どもっぽく感じることがある。実際第1部は文字どおり子どもだし、第2部でも子どもといえば子どもなんだけど。

 

フェイクなのかどうなのか、よくわからない

森友学園問題についての国会中継で、安倍首相の答弁を見て、久々イラっときてしまった。福山議員か蓮舫議員の質問の時か(ながらだったからよく覚えてないんだけど)どっちかに対して、山本委員長の簡潔に答えるよう促す注意も聞かず、延々と自分の主張を続けてたのにも苛っときたし、答弁の途中に繰り返しヤジをやめるよう言うことにもイラっときてしまった。安倍首相はヤジにとても敏感なようだ。テレビで視聴してる限りは、ヤジがあったんだかなかったんだかわからないような時も、ヤジはやめてと挟んでその度答弁が切れるのに、イラっとくる.

制限速度プラス5キロの速さで走る自動車の後についてしまった時に感じるのと同種のイライラのような気がする。

安倍首相は何度も、午前中の西田議員の質問を聞いてなかったんですか、というようなことを逆質問していた。(ということは蓮舫議員の質問の時だ。蓮舫議員もなんだかちょっと理解できないようなことも言ってけれど)

どうやら西田議員が、8億円の差額についてちゃんと筋の通った説明をしたらしい。

で、今日、ネット中継で昨日の西田議員の発言をちょっとだけ聞いてみた。
8億円の値引き額については、公共事業一般で使われてる積算方法に基づいて、埋まってる物の処分費を適正に算出したし、将来の瑕疵担保責任もチャラにした。予定されてる学校の開校時期に間に合わないとそれによる損害賠償も発生する可能性があった。というような内容の説明だったと思う。

8億円の値引き額の算定については、以前に羽鳥さんのモーニングショーでもわかりやすく説明してたのを見た。算定の基になる土砂に対するゴミの量の割合が、(確か40何パーセントと言ってたと思うけど)通常ではありえないと説明されてたような覚えがある。その通常ではありえない割合を表すのに、よくある大きさの水槽(せいぜい横45㎝✖️高さ30㎝くらいの大きさだったと思う、これもうろ覚えだけど)の半分くらいまで土が入れられていて、その脇に大人の黒長靴が5足(これも数はうろ覚え)くらい並んでた。その水槽の土の中に、並べられた長靴が全部混入するほどじゃないと、その割合にならないのだとの説明を聞いて、コメンテーターたちは一様に、それはありえない、無理でしょう、という反応をしてた。それだけの混入率だと、土の中にゴミが所々混ざってるというよりも、ゴミ混じりの土砂という感じに見えるらしい。
とはいえ、羽鳥さんの番組で説明してた算定の基礎になるゴミの量の割合は、西田議員の説明に出てきた適正な積算方法で使われてた数字なのかどうか自分でもよくわかってないから余計、この問題は一体なんなんだろうとわからなくなる。ここまで書いてきて今更だけど。

西田議員は自身満々にこれは冤罪だと発言してたし、適正な数式に現状を反映した正確な数字を当てはめた積算だという判断なんだろう、多分。
だとしたら羽鳥さんの番組で言ってたゴミの混入率は、どっから持ってきた数字なんだろう。羽鳥さん、もう一回やってくれないかな。

西田議員は、豊洲の土壌汚染を引き合いに出して、8億円引いて瑕疵担保責任免責にしたことで、将来この土地で何か見つかったとしても国は責任を問われない、と言ってた。それを考慮すれば適正な価格であるという。豊洲を出されちゃあ、確かに、瑕疵担保責任免責ってのは大きいのかもしれない。小学校ができなければ買い戻す契約になってるみたいだし。

ただ瑕疵担保免責についてなんとなく釈然としないのは、そもそもこの土地が小学校の建設用地として売られたから、だと思う。
この土地のゴミは豊洲のような土壌汚染ではないみたいだけど。将来何かが出てきて問題になっても国は免責されてますから、って言うのも、そこが小学校だと思うと、やっぱ釈然としない。もっとも、認可がどうなるかわからなくなってきたみたいだけど。

 

ハイキュー!! 第244話 弱点その6 感想

とりあえず今回分かったこと

1)梟谷は去年の春高にも出場した(合同合宿で、木兎さんが月島に、全国にも一回行ってる、と言ってたけど、それがどの大会だったのか触れてるシーンはなかったと思う。見落としてるだけかもしれないけど)
2)木兎さんの弱点その6 目立ちたがり
3)梟谷の監督はちゃんと木兎さんを叱ることがある
4)赤葦さんはスパイカー木兎のファン(絶好調の木兎さんを見るのが気持ちいいから、復活に心を砕いてる面もあるみたいだ)
5)木葉さんは本当にオールラウンダー
6)1回戦第8試合は開始時間が遅くて観客も減り、会場の気温が下がる
9)「エースの心得Tシャツ』は本当に売ってた
10)星梅さんも春高に出場してた
11)木兎さんの生態は未だ不明な点が多い

わからなかったこと
1)影山くんはどこの試合を見てるのか
2)去年の春高、梟谷はどこまで勝ち進んだのか
3)星海さんの高校はどこか

前回は音駒、今回は梟谷の試合。

梟谷は木兎さんという絶対エースがいるチームだけど、チームの他のメンバーもそれぞれ実力があってエースの不調でもきっちり点を取っていく。相変わらず木兎さんは他の人には思いもよらないようなことでしょぼくれモードになるみたいだ。それでも弱点その6として認識されてるのだから、みんな慌てることはない。

木葉さんが、たまには木兎スルーしてもいいんだからな、と言ってるのを見ると、赤葦さんの苦労は木兎さん以外のメンバーには理解されてるみたいで、なんとなく嬉しい。
それでも「絶好調の木兎さんは見ていてとても気持ち良いですから」と赤葦さんは言う。確かに、木兎さん自身の気持ち良さが、見てる方にも伝わってくるようなプレイなんだろうなあ。一緒にやってる人間にはなおのこと伝わるものがあるんだろう。で、梟谷の他のメンバーも多かれ少なかれ同じようなことを感じているじゃないかと思う。木兎さんがあんなでもみんな笑って受け入れてる理由の一つはそれなのかもしれない。

白鳥沢のウシワカは、五色くんに、悔しいけど憧れる、と言われてた。セッターの白布さんはウシワカの強さに惹かれて白鳥沢に来た一人だし。木兎さんとはまた違う周りを圧倒するような空気感のような気がする。

タイプは違うけど、絶対的エースってみんなそれぞれ、周り惹きつけて離さないような何かを持ってるのかもしれない。全国3本指のひとりであるサクサの本気の試合を見たくなってしまった。

ラストで、星海さんと日向が遭遇。と言ってもお互いを知ってるわけではないけれど。来週はどうなるんだろう。

1月のイエメンの急襲作戦の記事を読んで

報道によれば、これまでの攻撃的な姿勢とは打って変わって大統領らしい演説だったみたいな2月28日のトランプ米国大統領の就任後初の議会での演説。
ニューズウィーク日本版の記事によると、この演説の中でトランプ大統領は、1月28日にイエメンで実施された急襲作戦で戦死したSEALsのオーエンズ隊員の妻を紹介、オーエンズ隊員を讃えるスピーチをし、2分を超えるスタンディング・オベーションがおこったという。
オーエンズ隊員が戦死したイエメンのアルカイーダ系組織に対する急襲作戦では、女性や子供も含む民間人の犠牲者が多数出ているけど、そのことには触れなかったという。

この作戦について、ホワイトハウスは、アメリカへの脅威を減らすための戦果があったとその成功を強調してるけど、報道によっては、米側にも犠牲が出て、イエメンの民間人も多数犠牲になったことに見合うような成果があったのか(死者に見合う成果っていう見方に違和感はあるけど)、作戦自体についても熟考した上でのものだったのか、疑問視するような感じの報道もある。

演説と同じ日の朝、トランプ大統領はテレビの番組で、この作戦について、『「これは私の就任前から計画されていた作戦だ。(将軍たちが)やりたがっていた。私に会いに来てやりたいことを説明した。非常に尊敬されている将軍たちだ。私の将軍たちはこの何十年かで最も尊敬されている。だから信用した。だが、彼らはライアンを失った」』(ニューズウィーク日本版より)といったという。

報道によれば、トランプ政権はオバマ大統領がためらっていたシリアなどへの地上戦闘部隊の投入を検討していると言う。ドローンや戦闘機による空爆に比べて、米兵側の犠牲が大きくなることは確かなんだろう。でも責任は将軍たちにあるんだとしてしまえばいいのかもしれない。

こんにゃくだの鶏だの卵だの、なんの話なんだろうって思ってしまう

昨日の参院予算委員会で、森友学園の土地購入問題に関連して共産党の小池議員が、ある自民党議員の事務所から入手したという面談記録をもとに安倍首相に質問をした。それによると、『「上からの政治力で早く結論を得られるようにお願いしたい。評価額を低くしてもらいたい」との記述があったという。』(東京新聞3・2)
小池議員は、安倍首相に、自民党議員の調査をするよう要望したけど、首相はやる気はないらしい。『安倍信三首相は「どういう文書かわからない。立証責任はそちらにある。どこの事務所だと言われたらいいじゃないか」と反論した。』という。(東京新聞3・2)この時安倍首相は、悪魔の証明という言葉を使ってた。前にも書いたけど、この人の口からこのフレーズが出ると、どの口がそれを言う、と条件反射のように口から出てしまう。
2003年イラク戦争開戦前に大量破壊兵器がないことを証明する責任はイラクにあったのだと、安倍首相はその後、集団的自衛権に関する質疑などで答えてる。去年甘利元大臣の献金問題を国会で議論された時も、悪魔の証明という言葉を使っていた。

結局今日になって、鴻池議員の事務所からの記録だとわかったけど、安倍首相は党として調査をする気になったんだろうか。

羽鳥さんのモーニングショーで、森友学園の運営する幼稚園の講演会での鴻池議員のスピーチの一部のビデオ映像が流された。その中で議員は、教育勅語を暗唱する園児達を見て感動したと言っていた。
今回の土地購入問題が報道されるようになってから、教育勅語を暗唱する園児たちのモザイク映像は何回も見たけれど、暗唱してるものが何かを知らなければ、幼い子供が一生懸命発表する姿はそれだけで心を打つものがある。けど、それが教育勅語だとわかった途端、なんだか薄ら寒くなってしまった。(この映像を見たのをきっかけに、生まれて初めて教育勅語を全文読んでみた。)

どこかのテレビ番組で誰か、森友学園の問題は、このような教育方針を支持する勢力が背後に大きなうねりとしてあって動いているような感じがするというようなことを言ってたのがとても印象に残ってる。(その割に誰が言ってたのか忘れてしまったけど)。
証明されたわけではないけど、これまで報道されてることからすると、この問題は、政治家の圧力で役所が不当に安く買い手に好条件で国有地を払い下げした事件、という印象を受ける。で、普通ならそこにはお金が絡んでるんだろうとつなげていくのかと思うけど、どうなんだろう。もし政治家からの圧力があったんだとしても、お金以外の何かもっと得体の知れない流れが背後にあるとしたら、気持ち悪い。

羽鳥さんの番組に戻ると、8億円分のゴミの算定をしたことについて、政治記者田崎史郎さんは、4月開校というスケジュールがあるから、役所としてはここで入札など普通の手順を踏んでたら間に合わなくなり損害賠償の恐れも出てくると踏んだんじゃないかと思う、というようなことを言ってたけど、玉川さんから、そもそも勝手に、自分たちの決めた開校日に間に合わないとか言ったって、そんなの通常なら役所は、じゃあ1年延期しなさいってなりますよ、と突っ込まれてた。その後も、田崎さんは何かいうたび、結構玉川さんから突っ込まれてて、(そもそも玉川さんはしょっちゅう突っ込んいく感じの人ではあるんだけど)ちょっといつにない感じのやり取りが続いたような印象だった。

 

人民の敵って言葉はちょっと抵抗を感じる

先日、トランプ米大統領が、一部メディアを「国民の敵」と非難したという報道があった。トランプ大統領が使った’enemy of the people’というフレーズを、「人民の敵」だと最初にパッと思ったんだけど、なんだかちょっとおどろおどろしいなあと感じてたら、ネットで読んだ幾つかの記事では「人々の敵」「国民の敵」と書かれていた。トランプ大統領には「国民の敵」の方が「人民の敵」よりしっくりくる感じはする。

新聞記事の受け売りだけど、エネミー・オブ・ザ・ピープルというフレーズは、フランス革命の革命裁判所で使われて、ロシア革命で再登場。レーニンの頃は資本家や大地主に対して、スターリンになってからは、大粛清で使われたというから、やっぱり血の匂いのするフレーズではあるみたいだ。トランプ大統領がそこまでの含みも込めて使ったのかは不明だけど。