みんなハッピ−byトランプ、の記事を読んで

これまでの報道によると、米軍撤収でトルコがシリア北東部のクルド人支配地域へ軍事侵攻を始めたのは9日。

米国に見捨てられたクルド人勢力は、ロシアを後ろ盾とするアサド政権軍との連携へ方向転換。アサド政権軍は14日には北東部へ部隊展開、15日にはアサド政権軍とロシア軍が国境沿いのコバニにまで進軍したという。

アサド政権軍はロシアの指示のもとにあり、ロシアはシリアとトルコの仲介に積極的で、トルコのエルドアン大統領とロシアのプーチン大統領は22日にロシアで首脳会談を行う予定だという。

専門家によれば、ロシアの保護と指示のもとにある政権軍が、トルコ軍と衝突することはないらしい。

クルド独立の夢はついえ、アサド政権は戦わずして北部の統治を取り戻し、クルドの勢力縮小は国内にクルド人を抱えるイランも歓迎、これを機に中東地域で影響力がさらに強まるだろうロシアにも願ったり叶ったりの状況、みたいだ。

 

 

シリアからの米軍撤収を決めた米国は、14日には、トルコからの鉄鋼の輸入関税を50%に倍増、貿易協定の交渉の中止も発表。トルコの侵攻を止めるための制裁らしい。

今日の朝刊には、トルコに派遣されたペンス米副大統領が、17日エルドアン大統領に直接即時停戦を求めるという記事が載っていた。

記事には、エルドアン大統領が停戦に応じる可能性は低いとあり、発言が二転三転するトランプ大統領に、エルドアン大統領は【「付き合いきれない」とあきれている】とも書かれていた。

 

でも、その後の報道によると、17日には、ペンス米副大統領がトルコで会見、120時間の停戦でエルドアン大統領と合意したと発表したという。

120時間の内に、クルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)をトルコ国境から30キロ離れた地点まで撤退させ、撤退が完了した段階で軍事作戦を完全停止する、という。トルコはクルド人がいなくなったところに「安全地帯」を設置、トルコ領内にとどまるシリア難民を帰還させるのが目指すところらしい。

クルド人主体のシリア民主軍も「停戦」を順守する用意があるという。

 

トランプ大統領はこの合意を「見事な結果」と呼び「クルド人とトルコ、米国は非常にハッピー、文明も非常にハッピー」と述べたという。

 

 

ISとの激闘の末に手に入れた実効支配地域を追われる結果になるクルド人にとっては全然ハッピーとは思えないけど、念願の「安全地帯」を手に入れるトルコにとってはハッピーってことになるんだろうか。

アメリカは何を得てハッピーだというんだろう。

 

台東区の避難所ホームレス拒否の記事を読んで

16日の段階で70人を超える死者を出した台風19号。早くから準備・警戒の呼び掛けが繰り返され、気象庁は1200人以上が犠牲となったという「狩野川台風」を引き合いに出す異例の会見で、自分の命、大切な人の命を守るための早めの避難、とにかく難を逃れる行動をと呼びかけていた。

 

 

その台風が夕方から夜にかけて東海または関東に上陸する予報が出ていたその12日、台東区

は避難所に避難してきた2人のホームレスの受け入れを拒絶したという報道があった。

 

「避難所は区民が対象」だから住所不定のホームレスはお断り、ということだったみたいだ。台東区は別に外国人旅行者や帰宅困難者向けの避難所の用意はしていたともいうけど、2人はそちらの方を案内されるということもなかったらしい。

 

 

台東区のこの対応には抗議が殺到したとも言うけど、ネット上では擁護の声も上がってる(抗議と擁護とどちらが優勢なのかは知らない)みたいだ。

 

 

2人の受け入れを断った現場の職員は、「住所がない」という2人への対応を区の災害対策本部に問い合わせた上で、区民以外は受け入れないとして受け入れ拒否をしたという。

 

単純に疑問なんだけど、この台風はとにかくハンパない大きさと勢力で関東直撃だと言われていたけど、区の災害対策本部では、受け入れ拒否をした相手の身に何か危険があるかもしれないとは想像しなかったんだろうか。

実際に2人を嵐の中に追い返した現場の職員はどうだったんだろう。嵐の中避難所に助けを求めてきた人を追い返すことは、そんな簡単にできちゃうものなんだろうか。

 

来週の「即位の礼」に、韓国は文大統領の出席は見送ったという。出席するのは李首相だと発表。

報道によると、李首相は韓国紙の元東京特派員であり知日派。韓国政府はこの訪日を機に両国の関係改善を図りたい考えらしい。

 

先日の東京新聞の記事によると、文大統領の訪日をめぐり、両国の議員外交などを通じ水面下で調整が進められていたという。

韓国政府は日本に特使を派遣し、徴用工問題の解決策として両国の企業と韓国政府が共同で補償する「1+」案を提示。日本企業が一旦補償に応じた後、韓国政府が相当額を企業に返済するなど案など、【「日本企業に金銭的被害がないようにする」(韓国与党幹部)】方向で解決策を模索していたという。

また、文大統領の訪日実現を条件にGSOMIAのは機決定の撤回を検討する考えも示唆していたらしい。

 

でも結局そんな努力も実らず、文大統領の訪日はかなわなかったみたいだ。

 

記事によると、日本政府は徴用工問題について、日韓請求権協定で解決済みとの立場を崩していないという。

安倍晋三首相は八日の参院本会議で「日韓関係を健全に戻すきっかけを作ることを求める」と引き続き韓国側に対応を求めており、妥協点は見つかっていない。】と記事は結んでいた。

 

河野前外相が、韓国の大使を外務省に読んだ際、テレビカメラの前で語気強く「無礼だ」といったのは、大使が徴用工問題で、「基金案」について話そうとした時だった。河野前外相は、基金案について「解決策にならない。それをベースに議論するということにはならない」という主張だった。

「1+」案は日本企業が一旦は金を出すという点では基金案と変わらないんだろうから、きっと解決策にはならなくて、それをベースに議論することはないんだろう、多分。

 

 

今は対話を求めている北朝鮮に対して、「最大限の圧力」とひたすら言い続けていた時、最大限の圧力の先に何を見ているのか、自分にはよくわからなかった。

その時わからなかったのと同じように、韓国に対して日本政府が今何を求めているのかよくわからない。

日韓請求権協定で解決済み、という立場を崩さなければ、いずれそのうち、困った韓国が折れてくる、ということなんだろうか。

韓国がどうすれば「健全に戻すきっかけ」だと認めるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

7年間で初めてのトライ、、、泣けた

スコットランド対ロシア戦を見た後、一瞬でも、試合が中止になればいいと思った自分が恥ずかしい。

ワントライワンゴール差の勝利。

両チームともひたすらトライを狙うスピーディな展開で、試合それ自体としても興奮する面白い内容だったと思う。

 

 

特に感動したのが、前半、フォワードがつないでつないで最後プロップ稲垣がトライしたシーン。バックスの俊足がフィールドを駆け抜けるトライも爽快で目を奪われるけど、ゴール前、相手のタックルを受け続けながら大男たちが短い距離を少しづつ走ってつないでのトライは、見ているがこちらも力が入るからか、爽快感とは違う、ずしんと腹の底に響くような感動を覚えた。(語彙力がなくて表現できないんだけど)

 

さらに、試合後のインタビューで、稲垣選手が、7年間代表でやってきてこれが初めてのトライだと淡々と言うのを聞いて、泣けた。

最前列でスクラムを支え、タックルで相手を潰し、密集に突っ込む。体を張ったプレイで試合を支え続けて7年で、初トライ。それを淡々と、トライってこういう気分なんだ、と話す稲垣選手。あまりに男前で泣けた。

 

 

 

 

ハイキュー!! 第396話 飯と筋肉 感想(2)

 大地さんが月島の成長に、菅原さんが影山の成長に涙したのも、3体3の体育館の頃からずっと見てきた後輩の成長ぶりに、

 

 

 

武田先生の言葉はすでに未来を向いていて、烏野の面々もそれぞれのこの先を見据えているよいうな表情だ。東京体育館を後にする烏野はみんなまっすぐ前を向いて胸を張って歩いている。

いい試合だった、胸を張っていいと思う。

終わった試合よりもこれからを見つめるのも理想だと思う。

それでも残るモヤモヤ感はなんだろう。

悔しがる姿、涙する顔が見たいというわけじゃない。でも、あまりにも達観した高校生の敗者の姿には違和感しかない。それとも今はこれが標準なのかな。

ハイキュー!!という物語で主人公のポジションにいる(と思ってるんだけど)烏野の敗者としての姿はこうだ、と作者が言うのならそれはそれで受け止めなければならないとは思うけど。

もっと上に行きたかったのではないのか?それとも実は、ゴミ捨て場の決戦がクライマックスで、他はおまけ的な扱いだったのか?

 

 

 

インハイ予選で負けた時は、みんな泣いていた。試合でズタズタになった筋肉を飯を食って回復させる、それを何度も繰り返して筋肉をつけていくんだというようなことを烏養さんが言っていたけど、みんなボロボロ涙をこぼしながら口いっぱいにご飯をかきこんでいた。

 

今回は違う。涙ボロボロだったのは、一人飯になってしまった日向だけだ。試合最終盤に高熱で退場して、試合には負けて、日向にとっては悔しさと不甲斐なが残る試合になってしまっただろう。限界を超えて高熱に倒れた日向。試合の結果もさることながら、自分の限界に無知だったこと、結果として限界を超えてしまったこと。

限界を超えるのではなく、限界値を上げていこうって言葉が突き刺さる。     

ハイキュー!! 第396話 飯と筋肉 感想(1)

 

インハイ予選で負けた後のみんなの涙が記憶に残っていたから、あと一歩で負けた悔しさがあとから涙に変わるシーンが描かれるのかなあとなんとなく思い込んでいたけれど、今回は違うみたいだ。

 

西谷さんと旭さんのやりとりを見ると、拍子抜けするほど普段通りの会話をしている。3年間目指してきた大会がここで終わってしまった感などまるで感じられないけど、案外3年生はこんな感じがリアルなのかな。

白鳥沢の牛島も、随分あっさりしていたし、稲荷崎の北さんもいつも通りを貫いていた。けど、どちらのメンバーも泣く者ありこれからを誓う者ありと結構いろんな反応をしていたと思う。

あの武田先生ですら、大地さんの感謝の言葉にも(俺たち最大の幸運、なんて泣かせるセリフを聞いても)涙することなかった。

終わった試合よりもこれからを見つめるのは理想だとは思うけど。

 

 

「俺は このチームでもっと上へ行きたかったです」という影山の言葉はチームメイトのみならず監督やコーチをも驚かせたみたいだけど、なんでだろう。春からずっと一緒にやってきたチームでもっと上に行きたかった、という言葉の何がそんなに驚きなんだろう。当たり前の言葉にしか思えない。

影山が自分の思うことを言葉にして口に出せたことが驚きなのか?

 

初戦を前に、緊張はしない(正確じゃないけど)と言ってのけた影山の「ここは通過点スから」という言葉、4月入部前の「レシーブもトスもスパイクも全部俺一人でやれればいいのにって思います」という回想のコマが入った後に、菅原さんの涙のシーン。

 

一緒に上へ行きたかったという言葉に、「お前からそれを聞けただけでここに来た意味がある」とボロ泣きする菅原さんを見ると、影山が心中を言語化したことに対してではなく、その言葉自体に驚いたように思える。

北一のときの意識そのままに、全部一人でやれればいいのに、といっていた頃から比べると、確かに、影山は変わった。同じセッターというポジションの菅原さんは、その変化と成長をチームのメンバーの中で一番感じていたのかもしれない。影山の言葉にあらためてそれを実感したのかもしれない。

 

それはそうかもしれないけど、当たり前のことを言う影山にチームみんなが驚いたことに何か割り切れないものを感じてしまう。

そんなことを言いそうもない人が言ったから、それとも、こんなことを言いそうもないと思っていたから驚いたんだろうか。

 

菅原さんは「お前がこのチームをそんな風に思ってくれるなら」とも言った。

一体菅原さんは、みんなも、影山がどんな思いでこのチームのセッターとして戦ってきたと思っていたんだろう。

 

クルドはノルマンディーで米国を助けなかったという、、

6日(日)の電話会談で、トランプ大統領がトルコのエルドアン大統領に、シリア北東部のクルド人支配地域への軍事侵攻を事実上容認する考えを伝えたと報道されて間もない9日(水)、トルコが軍事作戦を開始したという。

 

国境地帯では空爆、砲撃に続き地上部隊の侵攻も始まってるらしい。

 

すでにトルコ軍の爆撃により、民間人8人を含む15人が死亡したという。

 

CNNによると、共和党内からも批判が出ているトランプ大統領は、トルコが軍事侵攻を始めた9日、ホワイトハウスで記者団の取材に応じ、[ クルド人との同盟関係の重要性を否定。「彼らは第2次大戦で我々を支援しなかった。たとえばノルマンディーで我々を助けてくれなかった。」と述べた。]という。

 

第2次大戦で米国を助けなかったと言うなら、第2次大戦で敵国だった日本なんてどうなるんだろう。彼らは真珠湾を攻撃した、なんてツイートをいつかされても格別驚けないような気がする。

 

同盟関係は運命共同体じゃないんだと改めて思いました。