一人殺せば人殺し、100万殺せば、、(1)

サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏の事件が日をおうごとに大きく報道されている。今日の東京新聞朝刊では、一面トップに関連の記事が載っていた。

カショギさんが消息不明になったのは、今月2日。イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館に、結婚のための書類を取りに入館したのを最後に、婚約者を外に待たせたまま2度と出てくることはなかったという。


報道によると2日に消息不明になって、その翌日にはムハンマド皇太子が米紙のインタビューに「何も隠すことはない」と語り、トルコ側の捜索受け入れの意向を示したという。当初から領事館内での殺害から地下、何らかの事件だとその米紙は情報を持っていたんだろうか。


8日の東京新聞朝刊には、【サウジの反政府記者「領事館内で殺害か」 トルコ捜査機関が見立て】という記事が載っていた。
記事によると、カショギさんは事実上米国亡命中。ワシントンポスト紙上で、サウジ政府のイエメン軍事介入や人権抑圧政策などを激しく批判。2日、結婚のための書類を取りに領事館に入ったっきり出てこなかったという。
ロイター通信は6日の段階で、トルコ当局者の話として【「初動捜査では、カショギ氏は領事館内で殺害された。殺害は事前に計画され、遺体は館外に運び出された」】と報じてるらしい。


12日の朝刊では、【サウジ記者 皇太子が拘束指示か ワシントン・ポスト「米政府が会話傍受」親米国にトランプし苦慮】という見出しの記事。
記事によると、ワシントン・ポストは10日、サウジのムハンマド皇太子がカショギさんを拘束すよう指示したことを示す会話を米政府が傍受していたと報道したという。
トルコは、カショギさんが領事館に入った2日にトルコに入国したサウジ情報機関の特別チームがカショギさんを殺害したとみて捜査を進めていると記事は書いている。
10日、トランプ大統領はサウジ指導者と電話協議、全容解明を求め、米国内では議会の有力議員たが対サウジ制裁の検討を大統領に要請したという。


13日の朝刊ではこれまでより大きな扱いで【サウジ「開放路線」に疑念 反政府記者殺害の疑い】という記事。
ワイントン・ポストは11日、カショギ氏殺害の音声や映像の記録があることをトルコが米政府に伝えたと報道したという。
記事によると、カショギさんは、17年9月に米国へ移住する前には、サウジアラビアの情報機関トップの顧問を務めるなど王室の内情を熟知していたらしい。

結婚の書類を餌に領事館におびき出して殺害(殺害が事実だとしたらだけど)というから、カショギさんは反体制派のよっぽどの大物なのかと思っていたけど、そうではないみたいだ。反体制派というより裏切り者ポジションなんだろうか。


15日の記事は、【サウジ、対抗措置を警告  記者殺害疑惑「制裁や圧力拒否」】。
サウジ政府は14日「経済制裁や政治的圧力による脅しは完全に拒否する。何らかの行動が加えられれば、それより大きな行動で対抗する」と警告したらしい。記事によれば対サウジ制裁には消極的なトランプ大統領に対し、米議会は総額1100億ドル(12兆3000億円)の武器売却の停止を含めたサウジへの圧力強化を求めてるという。

トランプ大統領自賛のサウジとの武器取引。


今週に入って、羽鳥さんのモーニングショーでもこの事件にかなり時間を割いていた。
15人の殺害チーム、領事館に入るカショギさんや15人の乗った黒塗りの自動車の映像、遺体の切断。女性の自動車運転解禁などを主導する若き改革派皇太子と容疑者との関係。政策に反対する王族や宗教指導者、人権活動家などが次々と逮捕されているという強権的なサウジアラビアの姿勢。
ミステリアスな情報が小出しに出てきて、まるで連続テレビドラマのような展開。
報道によると、トルコ側は早くから殺害だとして確固たる証拠を示すことは無しに、情報を小出しにリークしてきたみたいだけど、情報入手の手段は明らかにしたくないらしい。
情報のリークは政治的な駆け引きと絡み合って行われてるみたいだ。

 

NARUTO-ナルト- 裏切り者

 

NO699「和解の印」のラスト、サスケの旅立ちを見送るカカシの言葉に、最近までずっと違和感があった。

「本来ならお前は強制的に投獄される身だったから」
「お前の望みが聞き入れられ今までの行為が免責されたのは無限月読解術による功績が大きいってことだったけどさ」「6代目火影がオレになったことや この戦争終結の立役者になったナルトの嘆願によるところが大きかったことを忘れないよーに」

戦争終結も何も、この世界が全て滅びる(全ての人々が幻術にかけられ、ただ一人の支配者に肉体も精神も全て利用され尽くすだけの存在になるということは、世界の滅亡と変わらない気がする)かどうかってところをナルトと共に防いだ一人として、たとえどんな罪をサスケが負っていたにせよ、誰が何を言うまでもなく即帳消しになるんだろうと思っていた。
が、ナルトの嘆願や、カカシの火影就任がなければ、即帳消しどころか即投獄になっていた可能性があったということが、違和感の原因だと思う。

サスケの罪は、里抜け、戦争の敵方と関係のあった暁に加担していたこと(暁に関しては、サスケの認識と里側の認識が多分かなり異なっていたと思うけど)、未遂にすらならなかったけど里を滅ぼそうとしていたこと、ダンゾウ殺し、ビーの拉致など。
たぶん平時ならカカシの言う通り、即座に「強制的に投獄され」たんだろう。
結果的に投獄されなかったのだから、世界を救った一人としての功績も認められたんだろうけど、それだけでは足りず、ナルトの嘆願やカカシの火影就任という条件が必要だったということに違和感があった。

ダンゾウが影で何をしていたのか、うちはとの関係やイタチの真実など、これまで隠されてきた事柄がどれほど公になったのか、それとも隠されたままなのかはよくわからない。
里がこれらのことを知ったとしたら、どうだろう。
それでも免責にはナルトの嘆願や6代目火影のカカシの存在が必要だったろうか。

最初にNO699を読んだ時は、世界を救った一人として即免責されるのが当然だと思っていたから、それだけでは免責に足らないということが結構衝撃的だった。

でも最近になって、ちょっと思いなおした。里から見れば、サスケは里を抜けた段階で「裏切り者」なんだろう。
裏切り者は、元から外にいる敵よりもずっと許しがたい存在なのかもしれない。里がサスケを裏切り者としてみるなら、ダンゾウの秘密やうちは破滅の真相などはまるで意味がないのかもしれない。

 

ハイキュー!! 第322話 勝ち 感想(2)

ピンチサーバーで投入された音駒の控えセッターによると、いつもなら研磨はもうバテてる頃らしい。
チームの脳である研磨が3セット目半ばでバテるセッターということは、音駒にとっての春高の最終目標は、準々決勝ってことになるのかな。準決勝・決勝は5セットマッチだから、3セット半ばでバテてしまう研磨では戦いきれない。脳で心臓のセッターなしじゃ音駒そのものも戦いきれないだろうし。

 

研磨の「たーのしー」。

音駒のチームメイトはみんな目を丸くして驚いてる。
初登場時の研磨は、バレーは嫌いじゃないけど好きでもなく、友達がやってるし自分がいないと困るだろうからなんとなくやってると、日向に答えてる。体育会系の上下関係は嫌いだし、疲れるのは好きじゃないとも言ってる。
その姿勢はその後もずっと変わってないみたいだし、そもそも入部以来のものみたいだし、バレーボールに対して熱量が全く感じられない研磨が「たーのしー」なんて言うこと自体たぶん初めてで、だとしたらチームメイトがびっくりするのは当然なのかもしれない。

日向にとって研磨に勝つということは、音駒との勝負に勝つことは無論、それに加えて研磨に「別に」以外の言葉を言わせることだったはずだから、研磨の「たーのしー」は、5月の練習試合以来持ち越しになっていた目標の一つを達成した瞬間だ。スパイクが決まってから間を空けての、まるで試合に勝ったかのような喜びは実況や観客席を驚かせてるけど、日向にとっては単に1点取ったというだけではない、渾身のガッツポーズ(ってちょっと表現がおかしい気もするけど)は自然なんだろう。

じゃあ当の研磨にとっての「たーのしー」は?
猫又監督は、最初の練習試合で研磨のことを、【 孤爪は”予測”がうまいんだ。「コイツはこういうタイプできっとこう動く」っていう予測が】と評した。
強い選手、うまい選手は世の中たくさんいるけれど(東京は激戦区らしいし、研磨もそういう選手たちとの対戦は結構経験してるんだろう)、研磨にとって日向ほど予測が難しい選手はたぶん初めてなんだろう。
これまでの練習試合での対戦で、日向の予測困難さは十分わかっているけれど、負けたら次がない公式戦の緊張感と、体力が限界を超えてる状態でのラリーで頭脳を目一杯回転させ、勝ったと思った次の瞬間に予測を超えられ、緊張がどっと解けた瞬間に口をついた「たーのしー」。
見てるだけの状態での予測不能ではなく、身体と頭を目一杯使う中での予測不能な勝負。勝ち負けに興味がない研磨にとって、結果はどうでもいい。その過程が「たーのしー」んだろう。


「たーのしー」の謎は、「前に落とすと見せかけてのロングプッシュ」が、床に倒れて「たーのしー」とつぶやくほどのプレイなのか?ってことだ。
音駒のフロアディフェンスにとってありえない、ぽっかり空いた前方の穴が、研磨の仕掛けた罠だったなら、かかったと思った瞬間に裏をかかれたことになるかもしれないけど、罠というよりただの穴みたいだったし。罠だったとしても、日向はそんな読み合いで裏をかいたというよりは、単に前に出た研磨に反応して、後ろにプッシュしただけという感じだったし。
それとも5月の練習試合からの日向の成長速度の意外性も込みの「たーのしー」なのかな。
同じプレイを椿原のスパイカーもやったから、余計に研磨の「たーのしー」の基準が低く思えてしまった。

とりあえず日向のスパイクが決まって19・17。あと6点。

 

ハイキュー!! 第322話 勝ち 感想(1)

巻頭カラ−34ページ。大コマが多かったせいかあっという間に読んでしまった。今回は、烏野対音駒と言うより日向対研磨、まるで二人だけの勝負をしてるような展開だった。

それにしてもいつの間に日向はこんなに成長したんだろう。
ブロックの腕の間を抜くスパイク(それも決してバンザイと言うほどの隙間のない腕の間)を打つのがどれほどの難易度なのかよくわからないけど、とりあえずハイキュー!!の中ではこれまで見たことがなかったような気がする(はっきり思い出せないんだけど)。


それ以外にも今回は日向の見せ場が続く。

 

田中さんと旭さんが攻撃する場面では、音駒のコートはとても狭く感じたけれど、日向の攻撃の場面はそれと対照的に音駒側のコートの広いこと。
特に研磨の逆をついたスパイクの場面では、日向対研磨を強調する効果を狙ったのか、コート上にはまるで研磨と日向しか存在しないかのようだ。

旭さんの強烈なスパイクをブロックが弾いたボールに追いつくほどの位置どりと高い運動能力(多分)のある音駒のレシーバーたち。
男子じゃないけど、今日の世界バレーで日本と戦ったイタリアのエースの強烈なスパイクを見ると、元のスパイクが強烈だと、ブロックやレシーブで弾いたボールさえとんでもない速さで、とてもフォローなんてできないと実感する。多分旭さんのスパイクも強烈なはずで、ブロックが弾いたボールも重く勢いがあったんだろう。

それすらフォローする音駒が、プッシュされたボールを弾いた研磨のフォローをすることができない。これまでしばしば、どこにも打つところなんかないと言われた鉄壁(?)のフロア布陣を敷いてきた音駒。3枚ブロックではその布陣が崩れてしまうんだろうか。
研磨の周囲はぽっかり穴が空いたみたいだ。
音駒だって、全てのボールを拾えるわけじゃないってのは当たり前で、研磨が弾いたボールの高さを見れば、これをフォローするのは多分無理なんだろうなあとは思うけど。
そのすぐ前の場面で印象的なフォローを見せられてるから、無理筋とわかっていてもついつい比べてしまう。
それに加えて、日向のスパイクは軽いとこれまで繰り返し指摘されてきて、読者としてもインプットされてしまっているので、速さで勝てなければ拾われてしまうと思いながら読んでいるからなおのことだ。

多分そんな読み方をしたらダメなんだと思う。それはわかってるんだけど。
どうしても研磨が好きになれない、というかよくわからないから、音駒戦はついついケチをつけながら読んでしまう癖がついてしまったような気がする。(それはそれでハズキルーペのCMを見る感覚に似ていて楽しくなってきたような気がしないでもない)

その不可解さのクライマックスは、研磨の「たーのしー」かも。
  

(2)に続きます。

 

ハイキュー!! 34巻 猫の爪 感想【2】

ゴミ捨て場の決戦が始まる前には、インハイ2位の稲荷崎にも勝ったことだし、いくら相性が悪いと言っても、烏野にとっては勝ちを計算できる試合になるんだろうと思ってた覚えがある。
自分の中ではその時点では、すでに烏野の力は音駒を上回っているという認識だった。
ゴミ捨て場に来るまでに、烏野は全国上位常連の白鳥沢を破り、インハイ2位の稲荷崎を破ってきた。

白鳥沢戦も稲荷崎戦も激戦だった。試合には勝ったけど、地力で烏野がその2校を上回っているとは思えないし、次に戦ったら負ける可能性の方が高いような気はする。でも、格上2校を倒した試合は、烏野にとってのラッキーばかりというわけではなかったと思う。
スパイカー個々の力では、稲荷崎も白鳥沢も烏野に勝っていたのかもしれないけど、相手のミスを待つような試合ではなく、打ち合いの勝負を制してきた。試合をする毎に確実に烏野のチーム力は上がってると思えるような試合だったと思う。


そんな烏野に対して音駒は、全国経験はあると言うけど、そこでどれだけ勝ったのかは不明な梟谷にストレートで敗れ、蛇にも猿にも楽勝というような試合ではなかったと思う。

確かにチームの相性はあるのかもしれないけど、稲荷崎も白鳥沢も守備がザルだったわけではない。そこに勝ってきた烏野と格別新しいことを試すようなシーンもないままに梟に負けた音駒。

インハイ2位に勝ったから烏野勝利が見えているというような単純なものではないとは思うけど。

 

34巻は、しょっぱなから烏野のシンクロ5枚攻撃を黒尾がとめた。普通の攻撃を普通にリードブロックして止めるように止めた。
そこから音駒の守備力が遺憾なく発揮される展開になる。
物語はほとんど音駒視点で進んでいくから、格別音駒ファンでない身としてはほとんど共感できないままに1セットが終わってしまった。
34巻は、娯楽で読んでる漫画でストレスが溜まっていくという何だか奇妙な展開だった。

友達の友達はお友達、、?

アメリカの独立系非営利報道機関(2007年設立)プロパブリカの10日の報道として、トランプ大統領が17年2月の安倍首相との会談で、自らの有力な支援者が経営する米カジノの大手「ラスベガス・サンズ」に日本参入の免許を与えるよう検討を求めた、という記事が今日の東京新聞朝刊一面に載っていた。

記事によると、2017年2月、安倍首相は、トランプ大統領の大口献金者でラスベガスのカジノ経営者であるアデルソン氏も出席したワシントンでの朝食会で、IR整備推進法が施行されたと紹介したという。
朝食会後、トランプ大統領ホワイトハウスで最初の会談。その後、大統領機でフロリダ州パームビーチに移動。ここでの会談で、トランプ大統領はアデルソン氏のカジノ「ラスベガス・サンズ」に日本参入免許を与えるよう検討を求めたらしい。記事によると、トランプ大統領ラスベガス・サンズの日本へのカジノ事業進出の話題を提起、安倍首相は【「情報を提供してくれてありがとう」と謝意を示したという。】

この年の9月、アデルソン氏が来日、大阪府庁を訪問し、【日本のカジノ事業で厳しい面積規制を導入しないよう記者団に訴えた。】
翌18年(今年)7月 IR整備法が成立。当初の案に盛り込まれていた面積上限の数値はなくなっていた、みたいだ。

記事によると、今年の7月の参院内閣委員会で首相は、ワシントンでの会談に際して【「トランプ氏との間で(カジノを巡る)やりとりは一切なかった」と明言した】そうで、6月の衆院内閣委員会では【「外国首脳の推薦に従って、事業者を採用することはあり得ない」と語っている】そうだ。
今回の記事によると、【ラスベガス・サンズの日本へのカジノ事業進出に関する話題を】をトランプ大統領が提起したのはフロリダの別荘での会談であり、首相が否定したワシントンでの会談ではないみたいだ。

菅長官は米国で報道された内容についての質問に【「首相が国会で答弁した通りだ」】と繰り返したという。

国会で答弁した通り、というのは、具体的にはどの答弁のことを言うんだろう。

記事にあるように(と言っても元記事は読んでないんだけど)首相はトランプ大統領と、大統領の大口献金者の経営するカジノの日本進出に関する話をしたんだろうか。フロリダでもワシントンでもどっちでもいいんだけど、話をしたんだとしたらどういう内容だったんだろう。

それとも記事は事実ではないんだろうか。


17年2月の日米首脳会談でトランプ大統領がIR整備推進法案に関連してラスベガス・サンズなどの企業名を列挙した際、首相は側近に企業名のメモを取らせたという記事が去年6月の日経電子版に掲載されたみたいだ(有料会員でないから記事は読めなかったけど)。首相はその内容を否定したというけど、今回報道されたのフロリダでの出来事(これも否定されるかもしれないけど)と関連してるんだろうか。


朝刊では、今月召集の臨時国会で論点に再浮上するかもってことだから、とりあえず忘れないようにしとこう。

 

 

世界バレー 日本対セルビア 

すみません。まさか日本が勝つとは思っていませんでした。
第1セットを15・25で落とした時は、やっぱ実力差があるんだろうなあと思ったし、第2セットを25・23でとった時も、セットを取ったことがすごいんだろうなあと思っちゃったし(実況が、セルビアはここまで1セットも落としてないと繰り返してたし)、次のセットを取った時もまだ日本が勝つとは思ってなかった。

世界一の攻撃力のセルビアを相手に、日本はとにかく拾うことに主眼を置いていると、事前に言われていた(と言ってもテレビでそんな解説を聞いた程度なんだけど)。その通り確かに日本はよく拾っていたと思うけど、耐えに耐えての勝利という感じはしなかった。ブロックでもスパイクでも気持ちよく決まっていたし、守備特化で相手の自滅を待つという渋い試合じゃなかったように思う。

解説者は、日本はとにかくサーブで崩して相手に攻撃させないことが大切だ、と何回も強調していた。
セルビアは時々、手も足も出ないと思わされるスパイクを日本のコートへ叩き込んでんできたけれど、連続してガンガン打ち込んでくることはなかった。いまいち集中力にかけたんだろうか。

明日はブラジル戦。決勝だと思って臨む、とブラジルは言ってるらしい。
日本は今日の勢いのまま勝ち上がって欲しいなあ。