4日の報道によると、JR東海は、リニア中央新幹線の27年開業を断念したという。

静岡県が、静岡工区のトンネル掘削の準備工事の着手を認めないとの見解を示したことを受け、「2027年開業は難しい」と事実上の延期を表明したという。

 

静岡県は、大井川の流量減少を懸念しているみたいだけど、その対策について国土交通省有識者会議や県の専門部会での結論はまだ出ていないという。

 

リニア新幹線の話題が出ると、思い出すのは、昔、証券会社の新入社員だった頃、超伝導だ、リニアだと相場がちょっと騒がしくなったことがあったなあという思い出。

 

名古屋までそのほとんどが深い地下トンネルを走るというリニア。閉所恐怖症の自分には、恐怖以外の何物でもないから、まるで関係のない世界の話なんだけど、自分がまだ独身でバブルに浮かれていたあの頃のリニアが今もなお生きているってのは、不思議な感じ。自分の中ではほとんど前世紀の遺物になってるような気がする。

 

東京・名古屋間を約40分、東京・大阪間を約67分で結ぶというリニア中央新幹線

東海道新幹線が大地震などで不通になった場合のリスクをヘッジするとか、巨大な経済圏が生まれる経済効果とか、検索するとネット上にはバラ色の未来が広がっている。

 

本当にそんなバラ色になるんだろうか。

素人の素朴な疑問なんだけど、人口が減っていくこの国で、東海道新幹線と競合して、客の食い合いになったりしないんだろうか。

新型コロナの影響で拡がるリモートワークやオンライン授業。当初は戸惑い文句ばかりだった子供も大学のオンライン授業にはすっかり慣れてきたようだ。

 

総工費9兆円を回収するために相手にするのは、オンラインでのやりとりがごく当たり前のことになってるだろうこの子たち以降の世代なんだろうと想像すると、なかなかバラ色の未来ってわけにはいかないような気がする。

 

新型コロナ、東京は3日連続で新規感染者が100人超え。

 

昨日3日の会見で、菅長官は「感染リスクをコントロールしながら段階的に社会経済活動のレベルを引き上げていくのが基本方針」だとし、自粛要請などはせず、イベントや移動の制限緩和などを予定通り進める方針だという。

8月からは「GO TO キャンペーン」も始めるみたいだ。

 

「感染リスクをコントロール」の方は具体的にはどんなことを指しているんだろう。

探せばどこかで報道されているのかもしれないけど、いまいちよくわからない。

個人的には、今は、マイナポイントや「GO TO キャンペーン」に使う予算があるなら、そのうちの一部でもいいから、「COCOA」の普及のために使えばいいのにと思う。

 

 

 

 東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は、昨日今日と100人を超えた。

小池都知事は、「夜の街要注意」「感染拡大要警戒」の段階にあるとし、高齢者層に感染が広がる可能性も否定できないという。

ここのところの感染拡大でやたらと聞こえてくる「夜の街」「新宿」「池袋」。名指しする以上は相応の対策がとられているんだろうと思うけど、実際どのような対策がとられているんだろう。

 

 

小池都知事は、休業要請については、政府による緊急事態宣言が発令された場合に専門家の意見を踏まえて判断するという意向だという。

 

4月の感染拡大時に比べて、今回は若い人が多いということもあり、病床数にはまだ余裕があるというけど。

1日の報道によると、東京都は医療機関に対し、1週間以内に最大で3000床の「レベル2」に移行できる準備を要請したという。(都は、新型コロナ入院患者受け入れ病床をレベル1が1000床、レベル2が3000床、レベル3が4000床と設定している)

報道によると、感染症指定病院や都立病院などの公的医療機関や、大学病院のような特定機能病院、救命救急センターなども数十床ずつ上積みを求められていて準備を進めている状況で、1週間以内に3000床まで増床できる準備は進めているという。

 

新型コロナ感染症を受け入れてる病院の病室やナースステーションの様子をテレビで見て、ゾーン分けがきっちりとされていて、かなり神経を使う現場なんだとあらためて感じたけれど、1週間で2000床増ってのは結構大変な作業なんじゃないかと思う。

 

ここのところの感染者増については、「高い緊張感を持って警戒しなくてはならない」「もう誰も緊急事態宣言はやりたくない」なんてちょっとキレ気味に大臣に言われなくても、わかってる。

ただ昨日は50、今日は100と感染者の数だけを出されてもなあ。顔のない恐怖感だけを煽られているような気がする。感染した人すべての完全な行動履歴とは言わないけれど、もう少し具体的な足跡なりの情報を得られれば、漠然とした「東京怖い」の不安感が少しは薄れるような気がするんだけど。

 

 

それでも、高い緊張感を保ち続けるのはきつい。

そこそこの緊張感で、気長に付き合っていかなければ、今後年単位と言われる新型コロナとの共生生活を乗り切ることができるのか、やっぱり不安。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               

 

 

2月、和歌山県は新型コロナのクラスター潰しに成功した。濃厚接触者や陽性が判明した人の職場関係者など感染の可能性がある人全員を徹底して追跡・検査したという。

 

日本モデルとはなんなのかよくわからないけど、初期のクラスター対策は効果を上げたと評価されているみたいだ。

 

感染者の急増を受けて、カリフォオルニア州では、1日、バーや屋内飲食を提供するレストランを強制的に閉鎖するなど新たな制限を発表したという。落ち着いたら解除、急増したら制限、それを繰り返しながら、波が小さくなっていくのを待つ持久戦なんだろうか。

 

日本では、ここのところ「夜の街」や、新宿、池袋という地名は報道されるけど、そこではどういうクラスター対策がされているんだろう。

 

今はまだ緊急事態宣言を出すレベルではないと、政府は表現している。海外の例を見れば、ある一定レベルを超えたら、また移動の字幅、不要不急の外出の自粛、営業の自粛が要請されるということなんだろうと、なんとなく思っているけど、そのレベルがわからない。

ファクターXの謎が解ければ、制限と解除のループから抜け出せそうな気はするけれど。

 

新規感染者数が高止まりしている東京都は、今どのレベルにいるんだろう。クラスター対策でまだ対応できるレベルなんだろうか。それとも、そのレベルは超えているんだろうか。

 

 

 

 

 

今日、都内で新たに確認された新型コロナ感染者は67人。緊急事態宣言解除以降、最多で50人以上は6日連続だという。

 

東京都が昨日の夕方発表したのは、モニタリングの新たな7項目。

これまでの感染者数に着目した指標から、感染状況と医療提供体制の状況を把握し、週一で専門家に分析してもらい評価、その結果をもとに「不要不急の外出自粛」などの注意喚起をしていくのだという。新たな数値の目安はない。

 

高止まりしている東京の感染者のキーワードは「夜の街」・新宿。小池都知事も繰り返し言及してる。

 

67人のうち20代と30代で49人、全体の73%をしめるという。

若い人が多いというのは、ここのところの傾向みたいだ。

医療態勢はひっ迫していないというけど、若い人が多いならそれはそうなんだろう。

 

このまま高止まりが続くんだろうか。それともよく言われるよいうに指数関数的に感染者が増加していく可能性があるんだろうか。

東京都はモニタリングの他にどういう対策を行っているんだろう。

時事通信の6月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比2.23%増の40.3%、不支持率は2.2%減の59.1%。

内閣支持の理由は、やっぱり「他に適当な人がいない」が最多で26.0%。「首相を信頼する」が11.7%「リーダーシップがある」は7.2%。

 

毎回不思議でならないのが「他に適当な人がいない」から「支持する」という結果だ。

この理由で支持する人たちは、ほかにどんな人たちと比べてこの答えに至ったんだろう。石破さんと比べてやっぱり安倍さんなのか枝野さんと比べてやっぱり安倍さんなのか菅さん、野田さん岸田さん河野さん、、、。ほかにもいろんな政治家がいると思うけど、具体的に比べての「やっぱり安倍さん」なんだろうか。

 

 

「首相を信頼する」+「リーダーシップがある」=18.9%が、「何があっても安倍さん」の岩盤なのかなあ。

 

 

ここのところ新型コロナウィルスの新規陽性者数が高止まりしている東京都。

世界でも増えていて、報道によると、28日、世界の感染者数が累計で1000万人を超え、死者数も50万人に迫るという。

米国やブラジルなど南北アメリカ大陸でのパンデミックの勢いが止まらないみたいだ。

 

子供の大学はまだオンライン授業だし、スーパーなど実店舗の不織布マスクはまだ高い。けど、コロナ以前と全く同じにはならないんだろうけど、それなりに平穏な日常が戻りつつあるような気はする。

 

ただ、山中教授の指摘するファクタ−Xの謎はまだ解けていないし、個人的には、凍った道で転ばないよう恐る恐る歩き出したってところかなあ。

 

4月頃、何が怖いって、もしも新型コロナウィルスに感染したら、果たしてPCR検査を感染初期に受けることができるのか、適切な治療が受けられるのかが全くわからないのが怖かった。

相談センターには電話自体が繋がらないというし、特効薬ではないにしろ重症化を防ぐ効果が期待できるというアビガンも、使われる病院が限られているらしいとしかわからなかったし。

 

感染しても、症状が出たらすぐに検査してもらえて、適切な治療を受けられるという確信を持てれば安心できるんだけど。

医療資源に限りがある、ってのがやっぱり不安の大元なんだろうなあと思う。

 

 

アビガンは7月中も治験が続けられる見通しだと今月のはじめごろニュースになった。感染者数の減少で当然のように治験対象者も減って、治験の終了時期のめどは立っていないという報道だった。

新型コロナの影響で緊急ではないと医師が判断した手術は延期や中止になっているという報道もあったけど、その後どうなっているのか。ここでの遅れの影響は、今後どれくらいまで続くんだろう。

アルコールや高機能マスクや防護着など、医療の現場で足りないと悲鳴が上がっていた材料・資材は通常モードで供給されてるんだろうか。

小康を保っている今のうちに、次の波に対する備えは着々と進んでいるんだろうか。

 

昨日東京都で60人の陽性者が確認されたことについて菅官房長官は「直ちに再び緊急事態宣言を発出する、あるいは県をまたいだ移動の自粛を陽性する状況に該当するものとは考えていない」と述べたという。

今は直ちに、ということは、今後予想されてる第2波、第3波(と言ってもそれはどういう形になるのか、どうなったら第2波なのかわからない)については、また緊急事態宣言で自粛、という方針ということなんだろうか。