読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリアの空爆の記事を読んで

報道によると、21日火曜日、シリアのラッカ県の農村地域で、アメリカ主導連合による空爆により、少なくても30人の民間人が犠牲になったという。市民が避難所にしていた学校に命中したみたいだ。
先週は、アレッポ西部の村でアメリカの戦闘機による攻撃で、49人が犠牲になったという。住民によると、モスクにあたったらしい。

NYタイムズの記事に、アメリカ軍が攻撃を向けるのに、前より注意深さや選定の慎重さに欠けるようになってきたのではないかという懸念が上がってる、というようなことが書いてあった。
とても慎重な印象のあるオバマ大統領の政権下の空爆でも、民間人が多数犠牲になってる。
記事には、トランプ大統領は、選挙中、対イスラム国や過激主義グループへの攻撃で、民間人を守るためにある制限を緩めると繰り返し発言したともあった。

そういえば、共和党の大統領候補を決める予備選の討論会で、対イスラム国の戦略について、トランプ大統領は(当時はまだ候補者の1人だったけど)、IS要員の家族も標的にすべきだと主張して、ブッシュ元フロリダ州知事に、「その考えはまともじゃない。彼はテレビ番組から外交政策を思いつく」と反論された、という報道をよんでびっくりした覚えがある。(その時トランプ発言以上にびっくりしたのは、テッド・クルーズ議員の「絨毯爆撃をすべき」っていう発言だったけど)

慎重な大統領だろうがそうでなかろうが、戦争に市民の犠牲はつきもの、ってことなんだろうか。
それでも、民間人の保護を優先的に考える大統領のもとでの空爆の方が、まだいいってことなんだろうか。
アメリカ大統領は軍の最高司令官だということの意味をこれまで考えたことなどなかったから、トランプ大統領の選挙中の発言が、シリアの空爆の記事に出てきたことに驚いたし、少しばかり恐怖も感じた。

アレッポが陥落して、反政府派と政権側の戦いも終結へ向かってるのかなあとなんとなく思ってたけど、反政府派と政権の戦いが終わったとしても、イスラム国との対テロ戦争はどうなるんだろう。

 

みんな証人喚問にしたら、まさにリアル”羅生門”かも

仕事の合間に証人喚問を視聴した。ながら視聴だったからかもしれないけど、これ以上議論の余地はなく一区切りついた、という喚問後の与党の主張とは真逆の印象だった。
結局、”忖度”があったのかなかったのかはまるでわからなかった。もっとも、人の内面なんて本人に聞かなきゃわかるわけないけど。

衆院の葉梨議員の、森友学園が寄付金募集に使用したという安倍晋三記念小学院のスタンプのある振込用紙の使用期間についての質問は、わりとちゃんと聞いてたんだけど、時系列の関係がよくわからなかった。
安倍晋三記念小学校(籠池氏は小学院と呼んでた)については、当初は安倍氏本人もOKだったというのは改めて聞くと、やっぱりちょっとびっくりする。

約9億円から約1億円になった経緯については、当時の担当者が参考人(なんで証人喚問じゃないのかよくわからないんだけど)として証言するというから、もしかしたらそこではっきりするのかもしれない。

首相夫人へのお願いに対して秘書からの返答というFAXが午前中話に出てきたとおもったら、お昼のテレビのワイドショーではその現物が早速放送にのってたらしい。

よくわからないことだらけの中で、嘘ついたら偽証罪という状況下で、安倍首相夫人から100万円の寄付を受け取ったという主張を、籠池さんが一貫して変えなかったということと、3通の契約書に関しては、刑事訴追の恐れがあるから答えない、ってことはよくわかった。100万円については、首相夫人は真っ向から否定してるというから、私人対私人で、条件同じで比較してもらわないと、結局ははっきりしないと思うんだけど。

外国人特派員主催の記者会見で、籠池氏は、首相を侮辱したから証人喚問なんて(一私人に対しての証人喚問は重大事なのに)どこの国にありますか、と怒ってたのは、微妙に印象的。

トランプ大統領の選挙運動の報道を読んで

報道によると、FBI長官が、月曜日に下院の公聴会での証言の中で、去年の大統領選のトランプ陣営のメンバーとロシアとのつながりと、選挙とロシアの行いの間に何らかの協調関係があったのかを捜査中であると発言したという。
FBIの捜査については既に報道されていたけど、FBI自体が、捜査していると公表するのは、公衆の関心があるとFBIが考える時だけで、あまりないことらしい.。

ホワイトハウスは、トランプ氏の選挙運動とロシアの間の協調関係はないから何も捜査されることはないと否定。
面白かったのは(面白いというのはちょっと違うかもしれないけど)、スパイサー報道官の、もっと急を要する問題は、誰が記者たちにトランプ氏の顧問についての機密情報を明かしたのかということだ、という主張。どこかで聞いた事があるような言い方だなあ、と思ったら、明日証人喚問が予定されてる森友学園の籠池氏の長男が、先日の記者会見で、同じような事、どこから情報が漏れてるのかの方が問題だ(正確な表現は覚えてないけど、大体の内容はあってると思う)と強く主張していたんだ、と思い出した。
スパイサー報道官と籠池氏の長男の方が、そっちの方が問題だと、本気で思ってるのか、それとも問題をすり替えたいだけなのかわからないけど。
トランプ大統領は、選挙期間中にオバマ大統領に盗聴されたという主張(FBI他に否定されてる)を変えていないみたいで、これも本当にそう思ってるのか、問題をすり替えたいのかわからないけど、証拠も無しに(と報道されてる)アメリカの大統領がツイッターにこういうことを投稿するのは、どう考えてもおかしいと思うけど。

 

 

 

 

 

9条とノーベル平和賞の記事を読んで

先日、東京新聞に、ノーベル平和賞の受賞資格をめぐって、「9条を保持する日本国民」は、「受賞の基準外」という記事が載っていた。「憲法9条ノーベル平和賞を」という運動があるのは知ってるけど、「9条を保持する日本国民」がその対象として推薦されてるとは知らなかった。もっとも、受賞対象は三人以下の個人や組織・団体と定められていて自薦は認められないそうで、「日本国民」は三人以上だし組織でもない。日本の国会議員や教授の推薦は自薦にあたるからその点でも基準外になるという記事だった。平和賞を「日本国民」に、と言っても、日本国民がそれに値するからというわけではなく、人々に9条を自分のこととして考えてもらいたいという理由らしい。
9条を自分のこととして考えるきっかけ、と言われれば、それはそれでいいのかもしれないとも思うけど、やっぱり「9条を保持する日本国民」には、何か皮肉めいたものすら感じてしまう。

 

南スーダンに派遣されてる自衛隊が5月に撤退するという報道があった。
南スーダンの状況は、国連がジェノサイドを警戒してるような緊張状態が続いてるみたいだし、政府は5年も経って任務がひと段落したからだというけど、そんな理由をどれほどの人が信じてるんだろう。
自衛隊員の危険について第一に考えるべきなのは当然なんだと思うけど、ジェノサイドの危機にある状況を、自分は、自衛隊の撤退という側面からしか見てないかもしれない。
撤退してそのあとはどうするんだろう。

 

ちょっと文章がまとまってないんだけど(今回に限ったことではないけど)、9条を声高に素晴らしいのだということは、やっぱり後ろめたい。

去年の12月に政権側が完全掌握したシリアのアレッポの最後の半年の惨状を、アレッポ市民が撮った映像を中心に特集したNHKの番組を見た時も感じた、後ろめたさみたいな感覚。

 

 

ハイキュー!! 第246話 夜 感想

ハイキュー!!の事

もったいない・・・。今回の感想はこの一言に尽きます。いつか(できれば近いうちに)このすれ違いが正され、叶歌ちゃんの想いが通じ、田中さんに幸せが訪れますよう。

それにしても、田中さんにとって潔子さんは単にマドンナ的憧れなのかと思ってたから、叶歌ちゃんみたいな可愛い子をお断りするほどの想いだと分かってびっくりした。
失恋したかも、と涙目になった叶歌ちゃんの、レンアイしに来たワケじゃない、という言葉が印象的。


夢見た全国の初戦勝利。だけどその余韻に浸る時間などあるわけもなく、次の戦いに備えて過ごす各人各様の夜。
烏野の二回戦の相手はどんなチームなんだろう。”明日の話”に臨む旭さんと大地さんの表情からすると、相当強い相手なのかな。田中さんも気合いの入った顔してる。影山・月島はポーカーフェイスでいつも通り。みんな正座か膝つきなのに、影山・西谷はあぐらなのも、らしい感じがする。
一人に余裕がなければ、もう一人は余裕が出る。3年生2人とも、緊張感はあるけれどお互いでいいバランスをとってるのかもしれない。残り1人はあえて日常を持ち込んで平常心をキープする。
山口くんはすっかり日向のお守役が定着したみたいだ。仲良くお風呂に入ってるシーンだけ見ると、1年生に緊張はないようだ。


猫と梟のセッターは、明日のゲームプランでも考えているんだろうか。影山くんはあくびしてたから、多分もう寝てるんだろう。ゲームプランとか、ちゃんと考えてるのかな。

シード校参戦でユースメンバー2人とあと1人、初顔の怖そうな人登場。怖そうな人は、3本指の残りの1人なのか?
烏養さんの電話も気になる。
とりあえず次回は2戦目が始まるのかな。

 

 

国会答弁って重いものだと思ってた

約9億の国有地を約8億値引きして約1億で売ったのが問題だったはずの森友学園問題が、籠池氏の証人喚問に発展(?)した。9億が1億になった経緯については、この人だけ呼んでも解明できないような気はするけど、どうなんだろう。

これまでの報道で、1つの契約に3通の契約書が存在してどれも正しいと主張されたことにも結構驚いたけれど、稲田防衛相が国会で自信満々に断言したことを、翌日に「記憶の間違いだった」と撤回したことは、3通の契約書以上にびっくりだった。

野党議員が、いま手に入った資料だから事前に提示してませんが、と前置きして質問したのにもかかわらずきっぱりと、籠池氏の訴訟との関わりを否定したのを見た時に、せっかく事前に提示してない資料、と野党が言ってくれてるのに、そんなにきっぱり言い切っちゃっていいのかなあ、とどっちかというとアンチともみの自分が思ったくらいだから、よっぽど事前にしっかり調べて、事実を確信した上での答弁なんだろうと思ってた。それが、一転、「記憶に自信があった」けど「記憶の間違いだった。虚偽の答弁をしたとの認識はない」ときたから、本当、びっくりとしか言いようがない。

記憶の間違いなんて誰にでもあることだし、国会の答弁を撤回すること自体は驚くようなことではないと思う。でも、森友問題が突然出てきた話題ならまだしも、ここのとこずっと話題になっていて、政治家の関与も匂わされている中で、自分のとこの事務所の調査もしなかったというのがまず驚きなんだけど、調査なしになんで、国会であれだけきっぱりと断言したんだろう、というのがものすごく疑問だ。過去に訴訟代理人をしてたこと自体、とりわけ否定しなければならないようなことではないのだし、籠池氏の側は稲田さんとの関係について発言しているのだから、記憶にないとしても自分のとこの調査くらい、なんでしなかったんだろう。
閣僚の国会答弁って、こんなに軽くていいんだ、と改めて認識、しちゃっていいのかなあ。

これって、国民が馬鹿にされてるってことになるのかな。

NARUTOーナルトー 61巻・62巻 感想(3)

ナルト

五影会談襲撃からダンゾウ戦にかけて、カリンも戸惑うほどの冷たいチャクラをまとっていたサスケ。なのに、穢土転生したイタチと遭遇して追いかけるときの物言いは、兄にわがままをぶつける幼い日のサスケを思わせる。

一方、穢土転生を解除するためにカブトの元に急ぐイタチは、そんなサスケを最初、持て余し気味に対応する。その口調と態度はいたって平常モードで、周囲の地形を変えるほどの派手な兄弟喧嘩の挙句死んだ人間が蘇ったという状況にいることなど感じさせもしない。
マダラを名乗るぐるぐる仮面の男に聞かされた”イタチの真実”については、よみがえる自分自身の記憶とも照らし合わせてほぼ事実なんだろうとサスケは認めてるように見える。それでも、サスケはダンゾウにも確認したし、イタチにも真実を求めている。

カリンごとダンゾウを刺し殺し、サクラにまで本気の殺意を向けたサスケは、仮面男に憎しみを煽られ、憎しみで心が塗りつぶされてしまったように見えるけど、その憎しみに色がついてるとしたら、多分1色ではないのだと思う。

サスケは、イタチと闘って倒した後、もしも”イタチの真実”を知ることがなかったら、どうなっていたんだろう。
あの時サスケは、まるで抜け殻のようにな虚ろな眼差しをしていたけれど。

幼い日からそのためだけに生きてきた復讐を遂げ、しばらくは空っぽの状態だとしても、やがては木ノ葉に戻り、里の忍びとして任務に励み、今度はうちは再興を目標に生きていったんだろうか。
多分イタチは、サスケにそんな道を歩んで欲しいとレールを敷いて死んでいったけれど、仮にマダラと名乗った男の妨害が入らなかったら、サスケはそのレールの上をきちんと歩いて行ったんだろうか。
”イタチの真実”を知らされることがなかったら、サスケの中で、イタチを殺して復讐を遂げたという事実をどう受け止めて消化していっただろう。イタチを殺すことで、サスケの憎しみは昇華しただろうか。

”イタチの真実”を知らされたサスケは、復讐を遂げたことを自分の中で消化し損ねたように思える。
兄は殺されるべきだった。うちはを滅ぼしたのだから。でも兄は殺されるべきではなかった。木ノ葉の平和を守ったのだから。
木ノ葉は潰さなければならない。兄に犠牲を強いて保たれている平和の中で何も知らずに里人は笑っているから。
でも、それは自分も同じだ。里の人間よりさらに”悪い”かもしれない。自分の手で兄を殺してしまったのだから。サスケの心のどこかにそんな思いがあってもおかしくないとは思うんだけど。

幼い時からイタチを殺すために生きてきたサスケにとって、”イタチの真実”を知った後、イタチを殺したことはどんな意味を持つのか、考えてみたけれど、結局よくわからなかった。

「オレをこんな風にさせたのは兄さんなんだぞ‼︎」と言ってるから、今の自分の状態が心から望んだ状態でないことは確かなんだとは思う。イタチが自分に望むことは、頭で理解はしてるけど、どうしようもない憎しみが木ノ葉へ向かう。
サスケの言動は単純で、単細胞すぎるだろうと時に言いたくなるほどだけど、その心を覆い尽くしている憎しみの層を何枚か剥がしてみれば、自分では到底解きほぐせないほどに、さまざまな矛盾する感情がもつれてあるような気がする。

カブトにイザナミの術をかけて穢土転生の解術を進める兄に、「アンタを理解すればするほど・・・アンタを苦しめた木ノ葉の里への憎しみがふくれ上がってくる」「ここで兄さんが里を守ろうとも、、、オレは必ず里を潰す」とサスケは言った。
木ノ葉へむける憎しみの大きさはそっくりそのままイタチへの愛情の大きさなんだと思うけど。ここでのサスケは、愛情も憎しみも自分を中心にしたもので、なかなか外へと向かっていかない。

木ノ葉隠れうちはイタチとして、、もう一度忍里を守ることができる、もうこの世界に未練はない」と言うイタチにサスケは「未練がないだと‼︎?」と食ってかかった。
幼い日のサスケにとって完璧に見えた兄。今も忍びとして完璧に思える兄に、サスケは何か答えを求めてるようだ。
穢土転生したイタチを追いかける途中でサスケは「俺はそんな道を望んじゃいない‼︎」と言ったけど、この食ってかかるシーンのサスケは、兄の導きを無意識に求めているような感じがする。この時サスケは、16歳くらいなのかな?同期は立派な戦力として戦争に参加してる。この年齢は子供なのか大人なのか、どっちとも言えるしどっちと言えない気がする。けど、幼い時から、兄の敷いたレールの上を結果としてたどってきただけのサスケは、ここで兄に、オレをこんな風にしてどうしてくれる⁉︎と食ってかかるほどには子供みたいだ。

対してイタチは、サスケを信じることでなく、レールを敷いて操るというやり方そのものが失敗だったと認めてるから、サスケがなんと言おうと、里を守るために今できることをする姿をサスケに見せることしかしない。「オレを見てオレになかったものをお前には探してほしい」と望んでるだけのようだ。
イタチはサスケにそれを示す道標としてナルトを選んだ。サスケが、ナルトによって変わることができるのか。イタチはナルトを信頼してると思う。