台湾デジタル相オードリー・タンさんは、「民主市議は一時的に遅れを取っても、永遠に負けることはない。最も重要なことは、民主主義を深めることだ。」という。

東京新聞にインタビュー記事が載っていた。

で、「民主的プロセスで最も重要なことは相手の意見を聞くことです。そうしなければ、立場が異なる人々が生きる社会で、51%の人が勝ち、49%の人々が負けることになります。」

 

ただ代議制民主主義では、数年に一度の投票でしか声を届けられない。

デジタル技術によって、もっと短時間で多くの立場の異なる人々と共通認識を築くことができるという。

例えば台湾では、「ある議題について5000人の人々がネット上で署名すれば、2ヶ月以内に政府の担当部局トップが回答する」制度があるという。

そういえば韓国にも同じような制度があったような。

コロナ対応に関して、台湾の「マスク地図」アプリは有名だけど、これももともとは台南市の一技術者が、マスクを探し求める人々の手助けに考案したアプリをきっかけだという。政府はすぐに6千店以上の薬局と調整、30秒ごとの在庫状況のデータが市民に伝わるようになった、政府と市民の協力関係でできたもの、だという。政府の合理的で柔軟な素早い対応があってこそのアプリだ。

 

民主主義で最も重要なことは異なる相手の意見を聞くこと。それが自分と異なる意見であっても、というより異なる意見であるほど、よりいっそう聞かなければならないんだろう。

 

意見の異なる相手の話を聞き対話をするのは面倒だし時間もかかるけど、急がば回れ、タンさんの言うように、「民主主義は一時的に遅れを取っても、永遠に負けることはない」。でも、柔軟な頭じゃないとそれはできないのかもしれない。

日本のデジタル化は遅れていると言われるけど、マイナンバーカードを全国民に普及させて、省庁や自治体間のシステムを一元化しさえすれば追いつけるってもんじゃないような気がする。

 

 

新型コロナウィルスのワクチン接種。

4月から高齢者接種が始まる予定だけど、最初は極めて限定的になる、と報道された。

 

全国一斉ではなく、一部の自治体で試行的に始める考えだという。100歳以上の高齢者から始めて段階的に下げていく年齢別とか地域別とか、自治体だごとに検討しているらしい?

 

100歳以上の高齢者は2020年で8万450人だという。ワクチン不足が報道されていたけど、100歳以上から、って。ワクチン獲得競争が激化しているというけど、どれだけ確保見通しが立ってないんだろう。

 

 

接種スケジュールが遅れるということ自体は全く驚かない。むしろスケジュール通りに進められるというのが報道されたら、むしろその方が驚きかも。

 

 

猪瀬直樹さんと田原総一郎さんの対談(動画チャンネルでの対談を記事にしたものらしい)を読んだ。

 

猪瀬さんは、国民の間に東京五輪に対する反対意見が多いことについて、「オリンピックが始まれば不安なんてみんな忘れる」んだから今は開催に向けて、山積みになってる問題を実際に解決していけばいい、どんどんやればいいだけのことだ、と云う。

「反対とかできないとか言っている人は不安を煽っているだけ」でそういう人はオリンピックが始まってテレビで見れば日本人の金メダルに熱狂して不安なんて忘れちゃう、みたいだ。

 

東日本大震災とリーマンで意気消沈してる日本を元気づけるのがオリンピックの目標だったし、オリンピック招致が決まってから実際インバウンドがバンバン増えた、と猪瀬さんは言う。

できないと嘆く前にやれる方策を考えて実行しろ、ってことらしい。

 

猪瀬さんによれば、オリンピックが始まる頃には国民の半数がワクチンを打ち終わってるはずだし、ボランティアもワクチンを打つし、選手もワクチンを打っているはず。選手村ではPCR検査を繰り返しちゃんとやるし、空港でも検疫も漏れのないようにきちんとやるし、2週間の隔離も万全の準備を整える。

オリンピックが終わる頃にはコロナの問題も収束が見えてるはずだし、そうなればインバウンドも復活して日本はまた成長へGO!、、、

 

そうなればいいなあ、とは思うけど、とてもここまでの希望的観測は持てない。

空港での権益はいつのまにか、時間は短縮できるけど無症状者のスクリーニングには向かないという抗原検査になってるし、ワクチンは4月になってからゆっくりと立ち上げじわじわ広がる形で始めたいとワクチン担当大臣は言うし。

 

なんだかなあ。

 

ワクチンの先行接種がはじまった、新型コロナウィルスの最前線で働く医療従事者。この人たちの次が、370万人の医療従事者だと報道されていた。けど、実際に都道府県から数字が上がってきたら、370万人から100万人分増えて470万人になるという。

 

370万人にしろ470万人にしろ、この数が多いのか少ないのか全く見当もつかない。

 

厚労省の調べによると、平成30年の医療関係従事者(医師・歯科医師・薬剤師・看護師・保健師助産師・准看護師理学療法士作業療法士視能訓練士言語聴覚士義肢装具士診療放射線技師臨床検査技師・臨床工学技士・就業歯科衛生士・就業歯科技工士・就業あん摩マッサージ指圧師・就業はり師・就業きゅう師・就業柔道整復師救急救命士)は約320万人いるみたいだ。

 

この一年、病床数は世界有数、新型コロナの感染者はアジアは別とすれば世界でも桁違いに少ない日本で、医療崩壊が叫ばれてきた。

新型コロナウィルスの感染患者受け入れが一部の病院にあまりに偏っているという問題も指摘されてきた。休みも取れずに感染者の対応に当たる医療従事者もいれば、患者数が減って経営状態が悪化している病院・クリニックもあると散々聞かされてきた。

だから、優先接種の対象となる「病院・診療所・薬局や、自治体等の新型コロナウィルス感染症対策業務で、新型コロナウィルス感染症患者・疑い患者に頻繁に接する業務を行う職員」「新型コロナウィルス感染症患者・疑い患者を搬送する救急隊員等、海上保安庁職員、自衛隊職員」が470万人もいるというのは結構びっくり。

 

 

ワクチン接種の優先順位について、すでに接種が始まっている国について検索したら、フランスはまず、要介護高齢者施設などの入居者とそこで働く職員100万人から接種が始まる。次に年齢・既往症などから重症化リスクの高い人と医療従事者1400万人。

ドイツは、80歳以上の高齢者から接種を始めたという。

イギリスは、9つのグループに分けて、まず介護施設の入居者やスタッフ、次に80歳以上の高齢者と医療従事者。70歳以上、65歳以上、16歳から64歳の基礎疾患のある人、60歳以上、55歳以上、50歳以上と5歳刻みで分けられている。このウィルスは重症化の要因に年齢がかなり影響しているというし、このワクチンの感染予防効果は今の所明確ではなく発症予防と重症化予防はかなり効果があるというから、イギリスの優先順位づけは素人にもわかりやすい。

米国は、疾病対策センターCDC)が発表した指針によれば、まず最初の段階(1a)では感染リスクの高い医療従事者と長期療養施設の入所者が対象となり、次の「1b」では清掃作業員などのエッセンシャルワーカー、その次の「1c」では65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人が対象だという。ただ州政府レベルでは対象集団の詳細な定義などは確定されていないという。

 

 

世界中でワクチンの需要に対し供給が追いつかずにワクチン獲得競争が起こっている。

そんな中でのワクチンの優先順位付け。死亡者数が日本とは桁違いに多い国々では、感染したら重症か、死亡するリスクが一番高い人たちが最優先みたいだ。それはそうなんだろうなあと思う。このワクチンの感染予防効果はまだ明らかになっていないというし、このウィルスは無症状でも感染力があるというし。

日本ももう少し細やかな順位付けはできなかったのかなあと素人ながら疑問に思う。

 

新型コロナウィルスのワクチン接種が日本でも始まった。

接種に先行するイスラエルでは、発症予防、重症化予防に効果が出ているという。

ワクチン接種が始まって接種した人の数が増えてくれば、自分自身の接種はかなり遅くなるにしても、集団免疫(接種した人の全体に対する割合の問題があるにしても)の効果で、感染リスクが減っていくんだろうと思っていた。

発症予防も感染予防も同じだと思ってたからだ。

個人レベルでは、感染しても発症しなければ全く問題ないし、発症しても重症化しなければ十分だし。

 

そもそも臨床試験で感染予防効果は実証しにくいのだという。発症しない感染者が多数存在する新型コロナでは実証はほぼ不可能らしい。

結局、大規模な接種をして感染予防にも効果があると確認されれば、結果的に集団免疫効果があるということになる、ということみたいだ。

 

ただ発症予防に90%以上の効果があるということは感染予防にも多分効果があるんじゃないかと書いている記事もあった。

これから何ヶ月か経てば、はっきりしてくるんだろう。

 

日本医師会の会長は、新型コロナウィルスのワクチンについて、「広く全国民に行き渡るまではこれまで以上に「守り』を固めてマスクの着用や手洗いなど徹底的な感染予防対策をお願いしたい」と会見で呼びかけたという。

ワクチンの感染予防の効果がはっきりしてないとなれば、接種した人こそこれまでと同様に他人に感染させない努力が必要になるんだろう。今のとこワクチンは感染拡大阻止の切り札になるかもしれない、ってくらいに思っていた方がいいのかもしれない。

 

 

ここのところ新型コロナウィルスの新規感染者数が全国的に落ち着いている。1月8日の7949人をピークに、感染者数は急激に減少し始め2月16日には、1308人。8月の第2波のピークの頃と同程度まで落ちている。

ただ重症者数と死者数は、感染者数急激な減少に追いついていないみたいだ。

 

重症者のピークは、新規感染者数のピークから約2週間後の1月27日に1043人で、その後緩やかに減少しているけど、ピークから20日余経つ2月16日時点でも644人とピーク時の6割ほどだ。死者数は、新規感染者数のピークから約3週間後の2月3日に120人に達してから減少傾向にあるといえば減少傾向に見えるけど2月10日には121人、16日時点で101人と、高止まりしている。

 

8月の第2波の時は、重症者数、死者数とも底を打つのは新規感染者数のピークから約2ヶ月経った頃、重症者数は131人とピーク時の5割、死者数は2人とピーク時の1割。

今回同じような経過をたどるとしたら、3月上旬頃には重症者数・死者数とも底を打つことになるんだろうか。今回は山が高い分、底を打つにしても第2波の時に比べれば高い水準になるんだろうか。

 

羽鳥さんのモーニングショーでゲストの昭和大学の二木教授が、新規感染者数が急減していることについて、これをさらに減らすにはもう一工夫必要だと話していた。

 

ワクチン接種で先行しているイスラエルは、未接種の人と比べてワクチン接種で発症を94%、重症化するケースも92%少なかったという分析を14日発表した。

 

重症化しやすい高齢者へのワクチン接種が速いペースで進めば、二木教授の言うもう一工夫になるんだろうか。感染が落ち着き始めた時こそ、地域によって違うんだろうけど、検査を拡充して0コロナを目指すっていうのは、一工夫にはならないんだろうか。

 

厚労省のサイトの説明によると、ファイザー社のワクチンは現時点では感染予防効果は明らかになっていないという。

ワクチンを打てば感染拡大防止になると単純に思っていたけど、発症と重症化を防ぐ効果は高く、感染予防効果は明らかではないとなると、ワクチン接種で発症はしないけど感染力はあるという人も出てくるということになるんだろうか。ワクチンを接種すれば仮に自分が感染しても、他人に感染させることはないんだろうか。そこんところがよくわからない。

 

できるだけ多くの人がワクチンを接種すればいいと思っていたけど、短期間にできるだけ多くっていうのが必要ってことなんだろうか。

 

 

先行する医療従事者への新型コロナウィルスのワクチン接種が始まる。

夕方や朝のニュース番組で、続けさまにワクチン摂取時の副反応についての放送を見た。ワクチン到着第1便の映像も何度も見たし、テレビのニュース番組などを見てると、いよいよワクチン摂取開始!って煽られてるような気もしてくる。

日本は、ワクチンに対する不信感が強いと言われてるみたいだけど、いざ接種が始まれば、バスに乗り遅れるな、って感じで接種希望の割合は高くなっていくような気がする。

 

でもとりあえず、自分は医療従事者でもなく、65歳以上の高齢者でもないから、実際にワクチンの接種が開始されるのは、報道のとうりのペースでいけば多分順調にいっても半年は先のことだろうし、今のとこ実感はわかない。

 

明日からの先行接種を前に、ワクチン担当の河野大臣は、コロナウィルス対策の「切り札」と言われるワクチンの接種が始まるので、ベネフィットとリスクを正確に理解した上で、多くの方に接種していただくことを期待したい、と述べたという。先行接種する4万人のうち2万人は、7週間継続的に観察日誌を記入、接種の安全性について調査することになっているという。

 

接種を進めながら情報も集めて、それを国民に還元してさらに接種を進めるっていうサイクルってことなのかな。ファイザーのワクチン以外も同じように進むんだろうか。